« 本を読むということ | Main | 置き去りにされた犬 »

2012.01.29

読書会の楽しさ

 実は(と告白するほどのことでもないですが)、横浜ミステリー読書会の世話人をしています。

「ミステリー読書会? 何それ?」というかたは、ぜひこちらをご覧ください。

 要はあらかじめ決められた課題本(翻訳ミステリー)を読んできた人が、どこかの会議室なりレンタルスペースなりに集合し、ここがおもしろかった、あそこはどう思ったかとじっくりねっとり話しあう集まりです。

 読書ってひとりでするものでしょ?と思われるかもしれません。

 でもね、同じ作品を読んだものどうしが共感したり、感想をぶつけあったりする時間ってとっても貴重。他人の書評や読後感を一方的に読んだり聞いたりするときとは違う、双方向のコミュニケーションの良さがあります。

「うんうん、あそこはよかった!」とその場で意気投合できる嬉しさ。
「えーっ、そうかなあ? 自分はこんなふうに思ったけどなあ」とその場で反論できるライヴ感。

 秋にひらいた第1回横浜ミステリー読書会でも、初めて会う人どうしが課題作について2時間ぶっとおしで語りあいました。集まった人はプロの翻訳者もいれば、課題作の熱心なファン、翻訳ミステリ-・ファンなどいろいろ。読書は好きだけど、翻訳ミステリーはあまり読んだことがないという人もいましたが、二次会でも本や翻訳ミステリーにまつわる話でおおいに盛りあがり、終了後のアンケートで「楽しかったのでぜひ次回も参加したい」という声を多くいただきました。

 そこで3月1日(木)の夜、横浜駅近くで第2回横浜ミステリー読書会を開くことになりました。

 課題本はトマス・H・クックの『ローラ・フェイとの最後の会話』です。(1月29日現在、Amazonでは品切れになっていますが、大きな書店や他のネット書店、版元の早川書房のサイトから購入できます。)

 読書会の詳細については、翻訳ミステリー大賞シンジケートのお知らせをご覧ください。先着順で申し込みを受けつけています。参加されるかたはお早めにお申し込みください。

 
 


dogぽちっとワンクリックお願いしますdog


人気ブログランキングへ

 

|

« 本を読むということ | Main | 置き去りにされた犬 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 本を読むということ | Main | 置き去りにされた犬 »