« 停電と電話とtwitter | Main | 3.11から2週間経って »

2011.03.16

余震のなかで

 昼夜を問わず断続的に揺れ続ける大地。
 被災地の惨状を思えば、少々の余震にびくびくするなんて情けないぞとは思うのですが、余震の震源が南下してきたなとか、原発付近の避難・屋内待避範囲が広がったなとか、自分ではどうにもできない事態への漠とした不安が募ります。

 そんななかで、きょうは嬉しい知らせがふたつ飛びこんできました。気仙沼で被災した同業者とご家族が無事でお家も倒壊していないとのこと。そして、お世話になっている編集者の故郷、石巻のご両親が避難所でお元気だとのこと――よかった。ほんとうによかった。

 震災の影響は大なり小なりもはや全国に飛び火しています。首都圏だけではなく関西でも米などの買い占めが始まったとか。

 漠とした不安が広がり続けているいま、こんな言葉で巣立つ教え子を送り出す校長先生がいます。ぜひ最後まで読んでいただきたいです。

 卒業式を中止した立教新座高校3年生諸君へ。

 時化のときも凪のときも海は目の前に広がっている。そのときどきにどう海と対峙するのか。人生の折り返し地点を過ぎてもまだ考え中です。
 
 
 
 
Img_2030_2
「凛が余震に怯えるので、かーさんがなるべく家にいてくれます」
 
 
 


ワンクリックよろしくお願いしますclover
人気ブログランキングへ

 

|

« 停電と電話とtwitter | Main | 3.11から2週間経って »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 停電と電話とtwitter | Main | 3.11から2週間経って »