« 余震のなかで | Main | 訳書『ブライアン・トレーシーのYES! 年収1000万円以上を実現する21のカギ』 »

2011.03.25

3.11から2週間経って

 最初の地震から7~10日くらいを境にして、ここ神奈川での余震は減ってきたように感じます。少なくとも震度3くらいの一瞬どきりとする強さの揺れはかなり少なくなりました。

 いつも体が揺れている気がして、寝ているときもぐらーんぐらーんと床が揺れている感覚がなかなか抜けない。少し波が高いときにフェリーの三等船室で寝ている感じです。ちょっと気分が悪くて、まるで船酔いしているみたい――と思っていたら、「地震酔い」という言葉があるのですね。ああ、まさしくそれ。

 余震の減少とともに夜間に目覚める回数も減ってきました。もういまは震度1なら目覚めないのですが、横で寝ている凛は怖いらしく、前足で掛け布団をつついてわたしを起こします。そして、どのみちすぐ隣りに寝ているのに、わたしの敷き布団に少しスペースをつくらせて、そこに体を乗せて寝直すのです。掛け布団越しですが飼い主と密着していること、それが彼女の精神安定剤らしいです。

 揺れへの警戒が薄まるにつれて(気象庁は引き続き余震に注意をとアナウンスしていますが)、関心は否応なく原発に向けられます。いまのところ食べものにも水にも困らないものの、問題が長期化するにつれて影響を受けることは必至。2週間経って、非日常が日常になりつつあるいま、毎日、不安と期待の入り交じった思いで原発関連のニュースを観ています。

 

2月の写真だけど。
Img_2017_1 
 
 
ちょっと雪が降っていた。お手をしてみた。
Img_2025_1
 
 
着ているランニングはこれ。盲導犬協会のサポートショップで購入。かーさんは盲導犬と介助犬のサポートショップでときどき買いものをしているんだって。
Img_2026_1


赤1枚、黄色2枚を買ったらしいよ。
Img_2027_1


盲導犬・介助犬サポートショップはこちらdowndown

盲導犬サポートショップ
介助犬サポートショップ

ワンクリックよろしくお願いしますclover
人気ブログランキングへ


|

« 余震のなかで | Main | 訳書『ブライアン・トレーシーのYES! 年収1000万円以上を実現する21のカギ』 »

Comments

>やまぶどうさん、おはようございます。

ほんとうになかなか落ちつきませんね。
原発の問題が解決しないかぎり、被災地はもちろん首都圏も安心はできません。

ご子息は千葉県にお住まいですか。
千葉も東北ほどではないにせよ被害が出ていますね。いまも断水の地域があるとか。
微量とはいえ放射性物質の問題も気になります。
平時の誰もが無意識に感じていた安心がいかに貴重なものだったことかと、いまさらながら思います。

Posted by: 片山 | 2011.03.28 at 10:40

お早うございます。
今朝も東北で強い地震があったようですね。
原発の事も心配です。
具体的な解決策が決まっているわけでは無く、どのくらいで解決できるのか解らないので尚更不安です。
長男のいる千葉でも、基準値を超える放射能が検出されたと聞きました。
凜ちゃんも不安な毎日を送っているようですね。
平凡な日常を送れる事の有り難さが解りました。

Posted by: やまぶどう | 2011.03.28 at 08:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 余震のなかで | Main | 訳書『ブライアン・トレーシーのYES! 年収1000万円以上を実現する21のカギ』 »