« November 2010 | Main | January 2011 »

2010.12.27

『サイモン・アークの事件簿 II』


 
 
 
 先日、『サイモン・アークの事件簿 II』(エドワード・D・ホック著・木村二郎訳/創元推理文庫)をいただきました。関係者の皆さま、ありがとうございます。

 推定年齢2000歳、謎の男サイモン・アークが奇怪な事件の解決に挑む本格ミステリ短篇集。全8編収録。
 オカルト探偵の名にふさわしく、目次には「禿鷹」「吸血鬼」「墓場」「悪鬼」といったおどろおどろしい言葉が並びます。
 巻末の解説によると、2008年刊の「事件簿 I」は『IN★POCKET』や『本格ミステリ・ベスト10』でランク入り。今回の「事件簿 II」も期待が高まります。わたしはもうすぐ始まるお正月休み中に読む本リストにブッキングしました。未読のかたは「事件簿 I」もどうぞ。
 
 
 
 
 
 

最近ブログに登場しませんが、わが家のお嬢様も元気です!
人気ブログランキングへ

| | Comments (2)

2010.12.21

訳した短編:「クリスマスの殺し屋」アンドリュー・クラヴァン

 
 
 
 アンドリュー・クラヴァンの短編「クリスマスの殺し屋」(原題:The Killer Christian)を訳しました。今月発売になった東京創元社『ミステリーズ! Vol.44』に掲載されています。

 非情な殺し屋にはもうひとつ別の顔がありました。意外な素顔を持つ彼がクリスマスにとった行動とは――

 クラヴァン『真夜中の死線』ふうのジャーナリスティックなナレーションではじまります。ちょっと風変わりな、でも、クリスマスにお届けするふさわしい作品です。
 
 
 

人気ブログランキングへ

| | Comments (0)

« November 2010 | Main | January 2011 »