« November 2009 | Main | February 2010 »

2010.01.28

驚いた犬

 きのうは外出していて、いつもより遅い時間に夕方のお散歩へ。薄暗くなってくると、いつもの大きな公園には行かず、住宅街のなかの小さな公園をハシゴします。

 ふたつみっつ公園を回ったあと、小学校と中学校がふたつ隣りあわせで並んでいるブロックを一周。ぐるりと柵で囲まれており、人や車の出入り口近く以外はすたすた歩けるのでお気に入りのコースです。

 中学校の出入り口にさしかかったとき、いつものくせで少し歩みを遅くしました。その瞬間、鉄製の引き戸がガシャンッsign03 敷地のなかから、男の人が出てきました。

 うちのお嬢さまったら、引き戸の音に驚き、「はうっっっsign01」と不思議な声を出して飛び退きました。リードを短く持っていたので、一瞬、空中で首つり状態に……wobbly 着地したときには、足が一本、歩道から落ちていました。そこまで驚かなくても、ねえ?

 お嬢さまの心臓は、しばらくのあいだバックンバックンいっておりましたとさ。
 
 
 
 怖い思いをしたあとは、情けない顔でお散歩に行きたくないと主張。
 だだコネ中ですdown
Img_1548_1_1 
 
Img_1549_2_1


 


ブログランキング参加中flair
よろしくお願いしますm(_ _)m
 
人気ブログランキングへ

| | Comments (2)

2010.01.24

疑われた犬

 ここに書いたところで、何一ついい変化は起こらないと思うけれど、あまりに不愉快だったので、ちょっと毒を吐いてみよう。

 きのうの朝のこと。凛のお散歩でいつもの公園に行った。ちょうどラジオ体操の時間で、大勢の人が集まっていた。 わたしは体操会場よりも奥に凛を連れていき、ロングリードをつなげてボール運動をはじめた。

 やがて、体操を終えて帰宅する人、ウォーキングをする人などが数人ずつ、わたしたちがいるほうに近づいてきた。

 そのなかに、毎朝、凛をかわいがってくれる(たぶん80歳近い)おばあさんがいた。ところが、きのうにかぎって、なんとなくこちらを様子見しているようだ。いつもなら、わたしたちを見るとすぐに「凛ちゃーん」と呼んでくれるのに。

 おかしいなと思いつつ、凛がおばあさんに挨拶したくてリードをぐいぐい引っぱるので、ともかく近づいてみた。すると、おばあさんの左目の下が赤く腫れていた。爪痕らしい筋状の傷も見える。おばあさんは、「突然、放し飼いの黒い犬が飛びついてきた」と言った。

 わたしにはすぐに、「ああ、あの子がやったんだな」とわかった。ラジオ体操会場近くにノーリードのチョコラブがいるのが見えていたのだ。濃い焦げ茶色だから、おばあさんには黒に見えたのだろう。

「それは怖かったでしょうね。だいじょうぶでしたか」と聞くと、どうもおばあさんのようすがおかしい。

「さっき、凛ちゃんを放し飼いにしてた?」

 これには驚いた。毎朝会う人だし、凛のリードを外したことがないのをよく知っているはずなのに、恐怖のあまりチョコラブが凛に見えたらしい。

 幸い、おばあさんのお友だちが飛びつきの瞬間を見ていたらしく、さっきの子は凛じゃないこと、もっと大きかったし、凛とちがって服を着ていなかった、と証言してくれた。それを聞き、飛びつかれたおばあさんも納得した。
 
 相手は25kgくらいはありそうな大型犬である。たとえ攻撃的な子ではなくても、腰の曲がったおばあさんに飛びついたら、取り返しのつかないことになりかねない。

 先週、早朝の公園に保健所の職員が何人も来ていた。あまりに犬の放し飼いの通報が多いので、ほんとうに放し飼いをしているのか見にきたそうだ。

 いつものように広場の片隅で、凛をロングリードにつないでボール運動をさせていたわたしも、周囲に気をつけること、ぜったいにリードを放さないことなど、しつこく教育的指導を受けた。お役所としては、とうぜんの指導だろうが、もちろん、そんなことは充分に注意しているし、とくに薄暗い時間帯は、周囲から見てリードにつながっている犬であることがわかるよう気をつけている。

 保健所がわざわざ早朝に見にくるくらいだから、相当数の苦情が来ているのだろう。じっさい、きのうのチョコラブのような例は日々起こっている。ただ救急車を呼ぶような大ごとになっていないだけだ。

 まちがっても凛が他人に迷惑をかけないよう、そして、凛とわたしがケガをしないよう、それだけ気をつけてきた。さらに、凛が放し飼い犬とまちがわれないように気をつけなければならないなんて。

 けさも、チョコラブに飛びつかれたおばあさんに会った。顔の腫れはあまりわからなくなっていて、おばあさんご本人も元気そうだった。いつものように「凛ちゃん、だーい好き」と言って、凛をかわいがってくれた。たいしたケガでなくてほっとすると同時に、なんとも言えない後味の悪さを感じた。 
 
 
▼暗い時間にお散歩することがあるので、薄い色の服と点滅ライトは必需品。服のおかげで疑惑も晴れた。 
Img_1533_1_1 
 
 
Img_1534_2_1 
 
 
Img_1535_1_1

 
 


ブログランキング参加中flair
よろしくお願いしますm(_ _)m
 
人気ブログランキングへ

| | Comments (2)

2010.01.22

のぞく犬

 このところ、わたしが「邪魔しないでよ」オーラを出して仕事をする日々が続いているので、ちょっとばかりご不満なお嬢さま。飼い主の非常事態がわかるらしく、お散歩の声がかかるまで、PC机の近くでじっと待っています。

 そんな彼女のささやかな楽しみは、二階の狭いベランダから下界を眺めることです。わたしが洗ったばかりの洗濯物を山盛りにしたカゴを持って二階にあがっていくと、あとからひょこひょこついてきて、わたしより先に外に出てしまいます。
 
 
 
Img_1514_1_1 
 
 
Img_1515_2_1 
 
 
Img_1516_1_1 
 
 
Img_1518_2_1 
 
 
Img_1519_1_1 
 
 
Img_1521_2_1 
 
 
Img_1522_1_1 
 
 
Img_1523_2_1 
 
 
Img_1529_1_1 
 
Img_1530_2_1 
 
 
 凛としては精いっぱい背伸びをしているのだけど、あまりよく見えないらしい。このあと、背伸び体勢のままこちらに振り向き、「抱っこ」をせがみます。高いところからのほうがよく見えるとわかっているみたいで。17kg超の犬を抱っこか。お、重いんですけど。

 撮影日は春のような日差しの日でした。お嬢さまがやけにずっしりと重くなったのでおかしいなと思ったら、抱っこされたまま、いびきをかきはじめました……


ブログランキング参加中flair
よろしくお願いしますm(_ _)m
 
人気ブログランキングへ

| | Comments (2)

2010.01.12

訳した本:『仕事に就ける子どもを育てる』


 
 
タイトル: 『仕事に就ける子どもを育てる』
著者:デイヴィッド・H・モントロス、テレサ・E・ケーン、
    ロバート・J・ジン・ジュニア
発行:センゲージ ラーニング株式会社

 
 
 毎日どたばたしていて、すっかりお知らせが遅くなりましたが、 年末ぎりぎりに拙訳の上記タイトルが刊行になりました。

 将来を担う子どもたちにとって、いちばん身近な大人である親が、自分自身のキャリアをふりかえりながら、家庭で職業教育をしようという内容です。
 いま、親世代が子どもだったころよりも職業の選択肢は増えたいっぽう、子どもにとっては情報が多すぎ、かえって将来の職業を思い描きにくい時代になっているかもしれません。
 この本は子どもの可能性を見きわめ、親の理想にとらわれず、子どもの意欲を引き出せる選択肢になるべく触れさせるよう訴えています。学歴偏重に警鐘を鳴らす一冊とも言えそうです。
 
 

ブログランキング参加中flair
よろしくお願いしますm(_ _)m
 
人気ブログランキングへ

| | Comments (2)

2010.01.06

明けましておめでとうございます

 怒濤の12月を無事に(?)乗り越え、なんとか新しい年が明けました。
 厳しい業界ですが、ありがたいことに今年は年頭から大忙し。潜水気味の年になりそうですが、息継ぎしながら頑張ります!

 ……年初のご挨拶が松の内にぎりぎり間に合ってよかった。


▼ご近所の初日の出。
Img_1559_1_1 
 
Img_1563_2_1 
 
Img_1570_1_1 

 
 
 
 
 

 わが家のお嬢さまも元気です。

 今朝は、ずいぶん前にお嬢さまのマズルをがぶりとやった大型犬に至近距離で会ってしまいました。おまけにううう~と唸られたお嬢さまはパニックを起こし、半ばわたしにしがみつきながら長い下り坂を帰ってきました。あー、重かったよ、17kg。

 ひところの「いつもの公園が怖い病」が完治したかと思ったら、2日ほど前に再発。大きな音、鋭い音が苦手なお嬢さまは、公園で誰かが怒鳴っただけで、もう尻尾を垂らしてすたこらさっさ。
 今日の夕方、試しにちょっとだけ公園内にはいったら、ブルブル震えだすしまつ。おまけに思いきり足をつっぱり、「そっちは行きたくありません!」と抵抗しました。

 やれやれ。4歳にもなると、この恐がり体質は治らないのかしら。 
 
 
 
 
 
▼元旦に。いつもの公園で、お友だち探し中。 
 
Img_1571_2_1 
 
Img_1573_1_1 
 
Img_1580_2_1_2
 
 
 
 
 
 
▼場所を変えて。本気で探しています。 
Img_1583_1_1 
 
Img_1585_2_1 
 
Img_1587_1_1 
 
Img_1591_2_1 
 
 
▼懸命の捜索にもかかわらず、収穫ゼロ。寒い寒い元日の朝でした。 
 
Img_1592_1_1

Img_1593_2_1


 
 
 
 


お忘れでしょうが、ブログランキング参加中flair
お見捨てなきようお願いしますm(_ _)m
 
人気ブログランキングへ

| | Comments (2)

« November 2009 | Main | February 2010 »