« 『持たない暮らし』下重暁子 | Main | 救われる犬 »

2009.09.08

咬まれた犬

 9月4日の日記のコメント飼い主の「慢心」がトラブルのもとと書いたばかりですが、今朝凛は、まさにその慢心のおかげで、飼い主曰く「うちの子はだいじょうぶ」(*)な犬に咬まれました。前足肉球と後足首を咬まれ、幸い出血はごくわずかだったのですが、肉球はちょっと痛そうなので消毒して様子見中です。
(*犬の飼い主がよく使うフレーズで、絶対に咬まない、けんかをしないという意味)

 朝の公園は凛をかわいがってくれるおじちゃん&おばちゃんがたくさんいるので、その人たちに会うまでは公園を出たがらないのに、今朝はよほど怖かったのか自分から「もう帰りますっ!」とばかりに出口へ。出口付近でお友だちのワンコに会っても、「凛ちゃんは帰りますったら帰りますっ」とわたしをぐいぐい引っぱり、ほんとに帰ってきてしまいました。

 自宅に戻ってからも1時間くらいはずーっとわたしの後追いをして、不安そうにしていました。わたしがタンスを開け閉めしたり、財布を手に取ったりすると、いつもはそんなことをしないのに、わたしを見あげて足をしつこくぺろぺろなめるし……出かけてほしくないのかなぁ。
 きょうは午後から閉幕間近のゴーギャン展を観にいこうと思っていましたが、急遽とりやめ。傷のようすも見たいので、家にいることにしました。

 相手はノーリードの中型犬。凛と似たような大きさでも、ノーリードで至近距離から唸りながら走ってくると怖いですねぇ。2匹を引き離し、凛を落ちつかせながら、わたしの心臓もバックンバックンいっていることに気づきました。

 相手の飼い主は謝ってはくれましたが、「うちの子は人は咬まないのよ」とのたまうのでブチ切れかけたわたし。「人を咬まなくても、犬を咬む子を放しちゃいけないでしょう!!」と、もう少しで早朝から怒鳴るところでした。

 てなわけで、きょうは朝から気分が悪いです。 
 
 
 
 
ただでさえビビリ犬の凛。公園を嫌いにならないといいんだけど。 
Img_1381_1_1


 
 
 
 
ブログランキング参加中sign03
怖い思いをした凛のために、ワンクリックお願いしますdog

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
Photo_2

|

« 『持たない暮らし』下重暁子 | Main | 救われる犬 »

Comments

やまぶどうさん、こんにちは。

「どんなに大人しい犬でも、鋭い牙と野性を持っていますので、飼い主はそれを心に留めて置くべき」

ほんとうにおっしゃるとおりだと思います。
生きものですから「昨日までは~しなかった」は通用しないですよね。
「きょうは~するかもしれない」を常に頭のすみっこにおいていないと、逆に怖くて犬なんて飼えませんもの。

先代くんの反応は、犬として当然の防衛だと思います。リードがつながっていて逃げられなかったから、そうせざるをえなかったんですよね。
でも、先代くんが危険に遭遇しても、リードがつながっていたからこそ、相手も自分も救われたケースも多々あったのでは。

空前のペットブームのせいか、自己チューな飼い主が増殖しているような気がします。自分が飼い犬を大切にしているのと同じように、相手にとっても犬が大切な家族の一員であることを理解してほしいものです。

Posted by: 片山 | 2009.09.09 at 11:03

今晩は。
凛ちゃん災難でしたね。
人や他の犬のいるところを、ノーリードで連れ歩くのは止めてもらいたいですね。先代の竜は、ノーリードの犬に絡まれ、反対に首にかみついてしまいました。竜に絡むのを止めようともしなかった飼い主さんは、真っ青い顔をしていましたよ。どんなに大人しい犬でも、鋭い牙と野性を持っていますので、飼い主はそれを心に留めて置くべきだと思います。

Posted by: やまぶどう | 2009.09.08 at 22:41

きなこさん、いらっしゃいませ。

ブログを読んでくださっていたとのこと、ありがとうございますsign01
シーザー・ミラン本のおかげで、ときどき思いがけない出会いがあり、嬉しいかぎりですnote

アイスくんの怪我の日記を読みました。
ううう、怖かっただろうに~。
思ったより早く治ってよかったですね。ペリカン顎(?)の神秘は驚きでした。こんなふうになるんですねぇ。動物の治癒力はスゴイsign03

NZでも勘違いな飼い主さんはいるんですね。う~ん、万国共通ってことですか。
近所の犬仲間は、自己チューな勘違い飼い主さんのことを「宇宙人」と呼んでいます。公園のルールを説明しようにも、迷惑だと訴えようにも、日本語も英語も通じないってことで(苦笑)

アイスくんの虎模様に親近感~!
あ、でも甲斐犬の赤虎毛より、琉球犬の模様に似ているかな?
グレイハウンドは10年くらい前、グアムのドッグレースで見たきりです。虎模様の子もいるんですね。
日本では小型犬ブームのせいか、近所にいるのもイタグレちゃんだけなんですよ。


NZは大好きで、いつか行ってみたい国です。
凛がいるので、とうぶん海外旅行は難しいですが、せめてきなこさんのブログを読ませてもらいますね~。

Posted by: 片山 | 2009.09.08 at 14:30

はじめまして!
ニュージーランドで犬2頭と暮らしています。
シーザー・ミランの翻訳者がこんな素敵な方だと知って以来
いつもはひっそり読ませていただいているのですが
凛ちゃんが噛まれたと聞いて思わず初コメです。

実はうちのアイス(グレイハウンド)も半年程前に噛まれて
大出血だわ腫れまくるわで大変でした。
(その時の記事をURLに入れてあります。)

うちの犬は神経が図太いので大丈夫でしたが(笑)
飼い主だってトラウマになりがちですよね。
でも、まさにシーザーになった気分でがんばってます。
いまだにノーリードの犬が寄ってくると緊張しますけどね・・・・

まずは凛ちゃんの怪我がたいしたことなくてよかったですね。
それにしても噛んだ犬の飼い主さんの対応というのは
洋の東西を問わず同じですねえ。。。。

Posted by: きなこ | 2009.09.08 at 12:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『持たない暮らし』下重暁子 | Main | 救われる犬 »