« 『泥棒が1ダース』ドナルド・E・ウェストレイク | Main | 咬まれた犬 »

2009.09.07

『持たない暮らし』下重暁子


 
 
 
 最近、バス待ちしているときなどに一編ずつ読んでいたエッセイ集です。徒歩圏に書店がないことと、二重買いの危険があるのとで、近ごろは購入記録が残るネット書店で本を買うことがほとんどですが、この本はタイトルの潔さと、余分のないすっきりした印象の表紙に引かれ、珍しくリアル書店で買ってしまいました。

ほんとうの贅沢とは
物の命を使い切ること――
(帯より)

 そうなんですよねぇ、余計なもの、いらなくなったもの、買ってみたけど自分には合わなかったもののなんと多いことか。

 20代のころは、仕事で人に会うことが多い毎日だったので、洋服や化粧品、鞄、靴といったものに給料をつぎ込んでいました。別にブランド志向だったわけではないし、なるべくバーゲンを利用はしてもそれなりのお金を費やし、その結果、当時借りていた狭いマンションにぎゅうぎゅう詰めになっていたものたち。

 あれから年月が経ち(笑)、生活スタイルが変わってしまったいまは20代の自分とはまったく違う消費傾向ではありますが、あいかわらず現在の生活に必要なもの、一度は必要と思ったものであふれかえっています。

 仕事柄、本や資料のたぐいはしかたがないにしても、もっとシンプルな暮らしをできるはず。贅肉を落とし、いつか持たない暮らしの贅沢を味わいたい。そんな思いを新たにした一冊でした。


*この本は、2000年にあさ出版から刊行された『シンプルのすすめ』を改題、新編集して、中経文庫に収めたものです。
 
 
 
*************************

 
この夏の写真から。 
 
毎日、凛を連れてこんな緑のある公園を散歩しています。 
Img_1363_1_1 
 
 
 
近くで犬が吠えあっている声が聞こえ、すわ事件だと偵察に向かうお嬢さま。 
Img_1368_1_1 
 
 
 
仲良しのお友だちの無事を確認し、放りだしたボールを探しはじめるお嬢さま。 
Img_1365_2_1 
Img_1367_2_1 
 
 
 
なんだか知らないけど、楽しい気分のお嬢さま。 
Img_1366_1_1

 
 
 
 
 
ブログランキング参加中note
ワンクリックお願いしますshine
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

|

« 『泥棒が1ダース』ドナルド・E・ウェストレイク | Main | 咬まれた犬 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『泥棒が1ダース』ドナルド・E・ウェストレイク | Main | 咬まれた犬 »