« またお留守番する犬 | Main | 代用する犬 »

2009.07.13

夏服の犬

 気がついたら、前回の日記からちょうど1週間。
 忙しく過ごしていたかというと、うーん、何をしていたんだったかしら?
 そうそう、リーディング1本仕上げて、フィクションの未訳原書を1冊読了してシノプシスを書きかけ、横浜能楽堂に茂山狂言を観にいって(ハイ、また茂山です)、テニスして、数カ月ぶりに渋谷に買いものに行き、もちろん凛の散歩をして――それだけ??

 気温の上昇とともに生活すべての能率が下がり、たいして忙しくなかったはずなのに、大量の仕事・用事をこなしたような気がします。

 ま、人生そんなものです(笑)

 ほんとうに忙しくなる前に、もう1本リーディングを仕上げておこう。

 ……と言いつつ、仕事をやる気力が失せそうな蒸し暑さですが。

 毛が黒い凛は暑さに弱く、日向を散歩していると、すぐに舌を出して歩みがのろくなり、そのうち道路に坐りこみます。
 だから、なるべく土の上を歩かせたいのですが、夕方は広い緑地がある近所の広い公園に行きたがりません。というか、はっきりいって公園にはいるのを拒否します。隣接する農家が鳥よけのために打ち上げる花火の音が怖くてたまらないらしいのです。去年まではまったく平気だったのに、なぜか今夏は急に花火を怖がるようになりました。
 でも、公園の外は激しい交通量、歩道をひゅーっと走り抜ける自転車、突然角を曲がってくる子どもの一輪車……と(わたしにとって)怖いものだらけ。何より、熱いアスファルトの歩道を歩くのは、凛じしんもしんどいはずだから、なんとか「花火怖い怖い病」を克服するべく、毎日ちょっとだけ夕方の公園に顔を出す練習をしているところです。


 毎夏恒例のクールベストを着せられ、お散歩タイムになるとぐずりはじめる凛。
Img_1300_1_1 
 
 
 
 わたしにしつこく促され、いやいや立ちあがる。
Img_1299_2_1 
 
 
 
「ぴゅ~、ぱーん!」音が聞こえる公園には行きたくない、とささやかな抵抗をしている情けない顔。
Img_1301_1_1
 
 
 
 朝は天敵dogが近くまで走ってこないかぎり、余裕のにおいかぎ。
Img_1303_2_1
 
 この保冷剤入りクールベストは、凛の夏場の外出着。内側についているポケットに、ケーキ店でもらった保冷剤を入れるだけですが、1時間程度の外出なら、あまり背中の温度を高くせずにすみます。

 
 
 


 
 


花火を怖がる凛にワンポチお願いしますenter
人気ブログランキングへ

|

« またお留守番する犬 | Main | 代用する犬 »

Comments

やまぶどうさん、おはようございます。

行きは「イノシシのように元気」な萌くん、よーくよーくわかります。凛もちょっと前までは同じでした! 最近は「イノシシ」時代に比べるとずいぶんおとなしく歩くようになりましたが。それでも、遠くに幼なじみ犬や大好きな飼い主さんを見つけると、すぐにイノシシに変身し、ぐいぐいリードを引っぱります。

確かに、感情表現ははっきりしていますね。怒る、喜ぶ、怖がるなどのほか、その境の微妙な感情も表すような気がします。
甘えん坊でちょっぴりわがままな萌くん……わが家のお嬢さまとまったく同じです!

Posted by: 片山 | 2009.07.14 at 10:41

お早うございます。
ぐずっている様子が良くわかります。
萌も花火は苦手です。
散歩に行く時は、イノシシのように元気ですが、帰りはヘタヘタになっています。
最近、途中の芝生で腹這いになり、涼むのが習慣になってしまいました。無理に連れてこようとすると、ピーピー文句を言います。我が儘で困りますが、感情を表すところも可愛いですね。

Posted by: やまぶどう | 2009.07.14 at 08:08

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« またお留守番する犬 | Main | 代用する犬 »