« 傷だらけの犬 | Main | 夏服の犬 »

2009.07.06

またお留守番する犬

 この週末も、土曜日はお留守番だった凛。ごめんよごめんよごめんよ。だってだって茂山狂言の舞台があったんだもの。千之丞さんの「通訳」付き『お豆腐の和らい〜KYOGEN TRANSLATOR〜』@サントリーホール小ホールがあったんだもの。行かずばなるまい。

 まずはサントリーホール入り口(あのオルゴールの下)からはいろうとして、嬉しいサプライズです。なんとチケットもぎに千三郎さん、茂さん等が自ら立っている!(わ♪)
 おまけに逸平ちゃん(←なぜか逸平さんだけ「ちゃん」付け)がいるじゃありませんの。きょうは出演しないはずなのに! 逸平さんファンのわたしは、この時点ですっかりテンションアップ。

 古典芸能は難しいと敬遠する人もいるかと思いますが、少なくとも茂山狂言についてはその心配は無用です。もちろん室町時代の言葉を使うので、一部意味をとりにくい言葉はでてきますが、話の流れや、何より狂言師の演技でかなり補える。語学の勉強でも、ちょっとくらいわからない言葉があっても、前後の文脈で意味を類推できる場合がありますよね。狂言も同じ。まして、狂言のセリフは外国語ではなく日本語です。昔の言葉を使っているけれど、現代人もおおいに楽しめる、古くて新しいお芝居なのです。

 今回の演目は「六地蔵」「附子」「梟」。各曲の前に「通訳」の千之丞さんが小ホールの舞台に出てきて、難しい言葉の意味や由来などを解説。なるほど、そうしてわかりにくい部分に風を「通」し、わかりやすくするのが今回の「通訳」の目的だそうです。

 この日の曲のなかでは、「附子」がよかったです。シンプルな舞台、シンプルな設定で演じられる狂言は、観る側も想像力で舞台づくりに参加しなければならない。「六地蔵」のドタバタも、「梟」の奇妙なお話も楽しいですが、「附子」は他の二曲より単純な筋立てだからこそ、想像力を駆使して観劇を楽しめる気がします。宗彦さん、茂さんの従兄弟コンビによる太郎冠者、次郎冠者も茶目っ気たっぷりでおもしろかったです。

 宗彦さん、大汗をかきながら「附子」を熱演していたのに、公演終了後、今度は出口近くで大声で茂山狂言ファンクラブクラブSOJAの勧誘をしていました。宗彦さんの前で入会したかったけれど、茂山家プチおっかけをしているわたしは、もう入会済みなのでした。
 
 
 
 
 ある日の朝の公園で。
Img_1273_1_1
 
 
 いやにゴキゲンな凛。
Img_1272_2_1
 
 
 
 
 が、前方に信じられないものを発見し――
Img_1271_1_1_2
 
 
 
 
 表情の変化をお楽しみください(笑)。
 危険なので、岩登り撮影会は緊急中止。目の前の光景に怯えた凛は、すぐに岩を飛び降り、後ろを振り返り振り返りしながら、早足で公園を脱出しました。ボール投げをしようと思って、せっかくフル装備で来たのに……。このあと10メートルのロングリードとボールとディスク入りトートバッグを持ったまま、延々と住宅街を歩きました。ふう。
 
 
 
 
 
怯える凛にワンポチお願いしますenter
人気ブログランキングへ

|

« 傷だらけの犬 | Main | 夏服の犬 »

Comments

Rucionさん、こんばんは~!
札幌から引っ越して4年になるのに、いまだにTVの気象情報で日本地図が出ると、東京&神奈川→札幌→旭川の順で目を走らせます。
北海道はラベンダーの季節ですねぇ。中富良野のファーム富田のサイトをのぞいたら、すっかり濃紫色のお花畑ができあがっていました。
Rucionさんも冷房病に気をつけつつ、北海道の短い夏を楽しんでね。

Posted by: 片山 | 2009.07.07 at 20:34

こんにちは。
北海道も暑いといえる季節になりました。
ワタクシは職場の冷房にヤられ気味...
首都圏のうらやましいところは、文化的催しに恵まれていること。
能を楽しめるなんて、よいですねぇ。

こちらとは比べようもないほど暑いでしょうが、
奈緒美さんも凛ちゃんもお身体にお気を付けて♪
最後の凛ちゃんのお顔が、カワイイなあ。

Posted by: Rucion | 2009.07.07 at 19:42

やまぶどうさん、こんにちは。
この日の凛は岩の上でへらへらしていたのに、急に顔色が変わったので、飼い主のほうがビックリしました。
視線の方向はやや急な上り坂で、頂上近くが狭い段々畑ふうの段差になっているんですが、その段々を若いラブラドールがぴょーん、ぴょーんっと跳んで上り下りしていたんです。
それを下から見ると、跳びはねる犬の姿が急に現れたり消えたりするので、凛には理解できない「怪奇現象」だったようです。
まったく、凛の怯え犬気質には困ったものです。

Posted by: 片山 | 2009.07.07 at 11:51

お早うございます。
信じられないもの・・重機、大きな動物、鳥の群れ・・何だろう?
それにしても石登りが好きですね。
相互リンクの書き込みは、私のブログにもありました。
内容を見ると全然違う分野です。
自動配信で書き込まれているのかな?
広告宣伝費を目的の新商売のようですね。

Posted by: やまぶどう | 2009.07.07 at 07:55

sirubeさま

コメントありがとうございます!
ほとんど犬日記になっている当ブログに目をとめていただき、光栄です。
ただ、たまたま7月6日の日記には「通訳」という言葉が出てきますが、通常の外国語間の通訳とは違う意味合いです。
また、わたし自身、通訳者ではなく翻訳者ですので、御サイトの趣旨とはずれている気がいたします。
ですので、せっかくのお申し出ですが、今回は見送らせてください。今後状況がかわりましたら、そのときはよろしくお願いいたします。

Posted by: 片山 | 2009.07.06 at 20:18

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/interpreter/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/interpreter/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
zngDmF1w

Posted by: sirube | 2009.07.06 at 17:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 傷だらけの犬 | Main | 夏服の犬 »