« June 2009 | Main | August 2009 »

2009.07.23

犬の本『フェイス――二本足で生きる犬』

 
 
 

 生まれつき前足のない犬の話――海外のネット書店でこの本の原書を見つけたとき、わたしには読めない本だと思いました。犬の本を読むとき、どこかで凛と重ね合わせてしまう。そして、ほんとうは考えたくないけれど、愛犬の病気も別れも、心のどこかでいつか来るものと思っています。だけど、生まれつき障害を持っている愛犬の姿は想像できない。犬といえば、走る、食べる、寝る……だけで一日の大半が過ぎていきます。その犬から走ることを奪うなんて、年老いたわけでもないのに走れない姿を思い浮かべるなんて無理だと思ったのです。

 でも、しばらくして邦訳が出ると知り、あらためて動画サイトでこの犬、フェイスを見つけたとき、わたしの考えは変わりました。なんとフェイスは後ろ足だけで走っています。それも、実に嬉しそうに! かわいそうとか、悲惨とか、そんな言葉はまったく似あいません。この動画を見れば、フェイスが全米のさまざまなメディアに取りあげられ、多くの人を魅了した理由がわかると思います。 
 
 
 



 
 
 
 Faith(信念)と名づけられたこの子は、並はずれたヴァイタリティで周囲の人を引きつけ、癒し、励まします。後ろ足だけの二足歩行、いや、歩行というよりカンガルーのように跳んでいるようにも見えます。ふふふ、なんて楽しそうなんだろう!

 障害を持ち、生まれてすぐに死にかけたフェイス。すんでのところで助けられ、著者一家に引き取られなければ、フェイスが全米の人気者になることもありませんでした。前足がないからと障害犬として地味な生活を送らせるのではなく、後ろ足だけで立つことを教えた飼い主のポジティヴ・シンキングにも勇気づけられました。

 日本では犬を飼うと決めたとき、ペットショップで好きな犬種を選ぶ人が多いでしょう。それを全面的に否定するわけではありませんが、犬も生きものである以上、障害を持って生まれてくることもあるはず。ただ、見た目でわからなければ、そのままペットショップのウインドーに連れてこられるかもしれません。でも、明らかな障害を持っているときは?
 まちがいなくペットショップには来ないでしょう。となると、そんな犬はフェイスのように優しい家族に出会う幸運を期待できるのでしょうか。

 日本のペット産業の裏側についても、ちょっぴり考えてしまう一冊でした。
 
 
 
 
 
 
 
『フェイス――二本足で生きる犬』に興味を持ったかた、ワンクリックお願いしますdog
人気ブログランキングへ


| | Comments (2)

2009.07.22

訪ねる犬

 週末の3連休の最終日、凛を連れて、前から気になっていた町田市の薬師池公園に行ってきました。

 毎朝、近所の公園で会うおじさまに、ときどき凛の散歩がてら生田緑地とか寺家ふるさと村に行く話をしたら、「薬師池公園もいいところだよ」と教えてくださったのです。

 ちょうどハスが見頃だとかで、背の高いハスが密生する池に渡された木道を歩いていると、なんだか蕗の根もとにたたずむコロポックルになった気分。夕方だったので開花しているハスは見られませんでしたが、濃いめの桃色に色づいたつぼみがすっと立っているさまが美しかったです。1951年に千葉県検見川遺跡で発掘された2000年前のハスの種3粒のうち、1粒だけ発芽に成功し、その子孫がこの公園でみごとなハス園をつくっているのだとか。

 薬師池公園は土の道があり、あちこちに花が植えられ、散策には気持ちのいい公園でした。「マムシ注意」「スズメバチ出没中」の看板にはどっきりしたけれど、考えてみれば、両方とも凛が毎日散歩している公園にもいるじゃないの。

 夕方はご近所の犬友さんたちが集まってくるらしく、数匹の犬のグループを見かけました。途中、凛はフラットコーテッドに激しく吠えられましたが、まったく応戦せず。背中の毛を立てたまま、なんと飼い主の陰に隠れ、相手を無視して通りすぎました。この日に限らず、凛は外出先で犬にガウられても、めったに吠え返しません。ホームグラウンドじゃないと調子が出ないのかしら。

 帰り際、ハス池の横を通って駐車場に向かいかけたら、池の木道を歩こうとしている家族連れを見かけました。犬2匹を連れています。むむ、1匹は甲斐犬ではないですか。はっきりした虎毛模様の赤虎くんです。わたしたちがそばを通りすぎようとしたとき、あちらのお父さんが凛に気がつき、あっ(甲斐犬だ)という顔をしました。わたしが会釈すると、お父さんはにこにこして見送ってくれました。甲斐犬は頭数が少ないので、思いがけないところで見かけると嬉しいものです。あのお父さんも、きっとご家族に「いま、甲斐犬がいたよ。黒虎だった」と話したのではないかしら。

 連休中日には、最寄り駅近くのペットショップでも、まだ若い赤虎の甲斐犬を見ました。1歳くらいかな。あの落ちつきのなさ、好奇心いっぱいの目は、凛の子犬時代と同じです。(3日間で2匹も甲斐犬を見たなんて、珍しい!)

 いまのところ、わが家から気軽に行けるなかでは生田緑地がお気に入りですが――高低の差が激しく、坂や階段が多いので、1時間も歩けばちょっとした運動になるんです――わが家の未知の公園探しはまだまだ続きます。また知らない公園に行ってみようね、凛。 
 
 
 
いつもの公園で。ちょっと警戒中。
Img_1305_1_1
 
 

 
 
 

アウェイだと弱気な(?)凛にワンポチお願いしますdog
人気ブログランキングへ

| | Comments (2)

2009.07.21

額にはいった犬

 先日、犬友さんからお手製のすてきな額をいただきました。 

 じゃ~ん。
  
 
Img_1325_1_1 
 
 羊毛で刺した凛の顔です。マズルがぼてっとした感じや、舌斑の模様がそっくりです。
 名前まではいっていますdog ありがとうございますnote
 
 
 
 さて、ときどき草むしりと防虫のニームエキスをスプレーするくらいで、ほぼ放ったらかしのわが家の庭。
 去年の秋に植えこんでおいた百合の球根が、見事な花を咲かせました。
 あまりにたくさん花をつけて茎が折れそうなので、ちょっともったいないけど早めに切り花に。
 いま、わが家の玄関には百合の匂いが充満しています。
 とりあえずパチリ。このあと花弁に色をつけないよう、そうっとおしべを取りました。(といいつつ、もう茶色い花粉がついている)
 
 
Img_1322_1_1 
 
 
 
 このところの凛は朝は敵機来襲に備えて緊張し、夕方はいろんなものに怯えてパニックに陥るので、デジカメを持ってでかけても、なかなか写真を撮ることができません。なので5月下旬に庭で撮った携帯写真を貼っておきます。
 
 
200905160730000 
 
200905160728000


 

夕方の散歩は雨に怯えてビクビクだった凛にワンクリックいただけませんか?enter
人気ブログランキングへ

| | Comments (2)

2009.07.16

びくびくする犬

 子犬のころから、活発なくせに鋭い音や大きなものなど刺激に弱かった凛。秋には4歳になるというのに、ますます怯えることが多くなりました。

 毎日、朝夕散歩していると、まあいろんなものに遭遇します。この日も、いま凛が朝の散歩で苦手にしているベスト3のノーリード犬が遠くから走ってきたので、レインコートの上からわかるほど背中の毛を総立ちにしてフリーズ。その犬が公園を出ていくまで、情けない顔のままテキの動静を見つめ、その場から動こうとしませんでした。

Img_1287_1_1 
 
Img_1289_2_1 
 
 
 
 
 ところで、自宅で根を詰めて作業をしていると、無性に甘いものが食べたくなります――というのはわたしだけではないと思うのですが、先日、同業者でおやつは食べないというかたを見つけました。もともと間食しない習慣なので、自宅にはおやつといえばフルーツとチョコレートくらいしかない、とか。彼女の高校生のお嬢さんも甘いものはあまり欲しがらず、とくにあんこが嫌いなのだそうです。ええっ、高校生ですよ。いちばん甘いものが好きな年ごろでは?

 わたしの高校は制服がない学校で、しかも町の中心部にあったので、寄り道し放題。学校帰りは、お小遣いのつづくかぎりパフェやらシュークリームやらを食べていましたが……

 ちなみにその同業のかたは細身ですが、ひ弱な感じではなく、健康的にスリム体型を維持しています。むむ、習慣とはげに恐ろしき也。

 反対に、お酒はなくてもいいけれど、おやつはやめられないわたし。健康的なスリム体型なんて夢のまた夢かしら。

 先日も、おやつが在庫切れしているときに無性に口が寂しくなりました。でも、バスに乗って買いにいくほどの時間はないし、ってことで自宅にある材料でつくったのが、この「ブロッコリーケーキ」です。
Img_1311_1_1 
 
Img_1314_2_1 
 
 ブロッコリー、アーモンドスライスがはいっています。ケーキというより、甘い調理パンのようなかんじ。オーブンではなく、炊飯器の早炊き機能であっという間にできあがり、蒸し焼きのようなもっちり感があります。レシピはこちらから↓
  
 

 ただし、この本に載っているのは5.5合炊きの炊飯器用のレシピなので、炊飯器のサイズが違う人は分量などの調節が必要になるかも。わが家の炊飯器の場合、掲載されているレシピのまま、2回早炊きしてちょうどいい焼きあがりになりました。

 よほどおいしそうなにおいがしたらしく、凛はおすわりして、わたしが食べ終わるのをじ~っと待っていました。
 
 
 
ケーキの切れはしをもらえるまで、おとなしく待っていた凛のためにワンクリックをenter
人気ブログランキングへ

| | Comments (4)

2009.07.14

代用する犬

 暑い暑いと言っていたら、ますます暑くなってくるような……
 梅雨明けもまだなのに、すでに暑さにうんざりしている毎日です。よく汗をかくので、ミネラルウォーターやアイスティーの消費量は高水準を維持。ふうう~、暑い。わたしのカラダはまだ北国仕様なのかしら。

 おとといから読みかけのフィクションの原書、あまりに好みだったので、メモもとらずに、とにかく急いで読了。昨夜のうちに、ダメもとでアメリカの版元におもいっきり好意的な読後感を添えて、日本語版の刊行予定はありますかとメールで問い合わせてみました。先ほどPCを立ち上げると、なんと、もう丁寧な返事が届いている。日本では某出版社が版権を獲得したとのこと。そうか、やっぱりね。だって、いい本だもの。

 タイトルは"If I Stay"(Gayle Forman, Dutton Books)。
 


 17歳の少女Miaの大切な人たち――最愛の家族とボーイフレンド、友人。でも、まだ若い彼女が見つけた自分の人生、音楽の道に進むことは、彼らがいる故郷から遠く離れた土地で暮らすことを意味していた。無限の可能性を秘めた17歳は、あまりに大きな選択を迫られていた。
 そんな冬のある日、ドライヴに出かけたMia一家の車が交通事故に。仲のいい幸福な家族は一瞬にして哀しみに包まれた。病院に運ばれたMiaは生死の境を彷徨う。
 父や母はどうなったのか。まだ幼い弟は? Miaの意識は、昏睡状態の肉体を離れて浮遊する。そして、多くの人の生と死を刻んできた病院の冷たい壁に、枕元に駆けつけたボーイフレンドや友人への思いを綴りながら、過去と現在のあわいを紡ぐ。
 だが、優しい思い出も、輝かしい将来も、あの一瞬の悲劇が消し去っていた。Miaには、もう過去も未来もない。いま、この瞬間にとどまるしかない――

 原題にある"stay"には、幾重にも意味がこめられています。著者はもともと青少年の問題などを取材していたジャーナリストで、小説を書くようになってからも、若者の生と死に関心を持って取り組んでいるようです。この作品は米国の版元からYAカテゴリで刊行されましたが、日本語版はどうなるかしら。YA世代だけではなく、大人も読める作品だと思いますが。邦訳を楽しみに待つとしましょう。
 ちなみに海外の映画関連サイトによると、映画『トワイライト』の監督キャサリン・ハードウィックがこの作品でもメガホンをとるもよう。こちらも楽しみです。 
 
 
 飼い主が原書開拓をしているあいだも、わが家のお嬢さまはいつもと同じ毎日を過ごしています。
 でも、この日の休憩スポットには、お嬢さまが登りたい岩がなく……
 
 
Img_1277_2_1 
 
Img_1279_1_1 
 
Img_1280_2_1 
 
Img_1281_1_1
 
 
 
 誰も来ないので、公園の入り口が見えるところに移動しました。
 
 
Img_1285_2_1 
 
Img_1286_1_1 
 
 
 お友だちdogが坂を上がってくるのをじっと待っている凛でした。 
 
 
 


岩がなければ、ちゃんと代用品を見つける凛にワンクリックをenter
人気ブログランキングへ

| | Comments (2)

2009.07.13

夏服の犬

 気がついたら、前回の日記からちょうど1週間。
 忙しく過ごしていたかというと、うーん、何をしていたんだったかしら?
 そうそう、リーディング1本仕上げて、フィクションの未訳原書を1冊読了してシノプシスを書きかけ、横浜能楽堂に茂山狂言を観にいって(ハイ、また茂山です)、テニスして、数カ月ぶりに渋谷に買いものに行き、もちろん凛の散歩をして――それだけ??

 気温の上昇とともに生活すべての能率が下がり、たいして忙しくなかったはずなのに、大量の仕事・用事をこなしたような気がします。

 ま、人生そんなものです(笑)

 ほんとうに忙しくなる前に、もう1本リーディングを仕上げておこう。

 ……と言いつつ、仕事をやる気力が失せそうな蒸し暑さですが。

 毛が黒い凛は暑さに弱く、日向を散歩していると、すぐに舌を出して歩みがのろくなり、そのうち道路に坐りこみます。
 だから、なるべく土の上を歩かせたいのですが、夕方は広い緑地がある近所の広い公園に行きたがりません。というか、はっきりいって公園にはいるのを拒否します。隣接する農家が鳥よけのために打ち上げる花火の音が怖くてたまらないらしいのです。去年まではまったく平気だったのに、なぜか今夏は急に花火を怖がるようになりました。
 でも、公園の外は激しい交通量、歩道をひゅーっと走り抜ける自転車、突然角を曲がってくる子どもの一輪車……と(わたしにとって)怖いものだらけ。何より、熱いアスファルトの歩道を歩くのは、凛じしんもしんどいはずだから、なんとか「花火怖い怖い病」を克服するべく、毎日ちょっとだけ夕方の公園に顔を出す練習をしているところです。


 毎夏恒例のクールベストを着せられ、お散歩タイムになるとぐずりはじめる凛。
Img_1300_1_1 
 
 
 
 わたしにしつこく促され、いやいや立ちあがる。
Img_1299_2_1 
 
 
 
「ぴゅ~、ぱーん!」音が聞こえる公園には行きたくない、とささやかな抵抗をしている情けない顔。
Img_1301_1_1
 
 
 
 朝は天敵dogが近くまで走ってこないかぎり、余裕のにおいかぎ。
Img_1303_2_1
 
 この保冷剤入りクールベストは、凛の夏場の外出着。内側についているポケットに、ケーキ店でもらった保冷剤を入れるだけですが、1時間程度の外出なら、あまり背中の温度を高くせずにすみます。

 
 
 


 
 


花火を怖がる凛にワンポチお願いしますenter
人気ブログランキングへ

| | Comments (2)

2009.07.06

またお留守番する犬

 この週末も、土曜日はお留守番だった凛。ごめんよごめんよごめんよ。だってだって茂山狂言の舞台があったんだもの。千之丞さんの「通訳」付き『お豆腐の和らい〜KYOGEN TRANSLATOR〜』@サントリーホール小ホールがあったんだもの。行かずばなるまい。

 まずはサントリーホール入り口(あのオルゴールの下)からはいろうとして、嬉しいサプライズです。なんとチケットもぎに千三郎さん、茂さん等が自ら立っている!(わ♪)
 おまけに逸平ちゃん(←なぜか逸平さんだけ「ちゃん」付け)がいるじゃありませんの。きょうは出演しないはずなのに! 逸平さんファンのわたしは、この時点ですっかりテンションアップ。

 古典芸能は難しいと敬遠する人もいるかと思いますが、少なくとも茂山狂言についてはその心配は無用です。もちろん室町時代の言葉を使うので、一部意味をとりにくい言葉はでてきますが、話の流れや、何より狂言師の演技でかなり補える。語学の勉強でも、ちょっとくらいわからない言葉があっても、前後の文脈で意味を類推できる場合がありますよね。狂言も同じ。まして、狂言のセリフは外国語ではなく日本語です。昔の言葉を使っているけれど、現代人もおおいに楽しめる、古くて新しいお芝居なのです。

 今回の演目は「六地蔵」「附子」「梟」。各曲の前に「通訳」の千之丞さんが小ホールの舞台に出てきて、難しい言葉の意味や由来などを解説。なるほど、そうしてわかりにくい部分に風を「通」し、わかりやすくするのが今回の「通訳」の目的だそうです。

 この日の曲のなかでは、「附子」がよかったです。シンプルな舞台、シンプルな設定で演じられる狂言は、観る側も想像力で舞台づくりに参加しなければならない。「六地蔵」のドタバタも、「梟」の奇妙なお話も楽しいですが、「附子」は他の二曲より単純な筋立てだからこそ、想像力を駆使して観劇を楽しめる気がします。宗彦さん、茂さんの従兄弟コンビによる太郎冠者、次郎冠者も茶目っ気たっぷりでおもしろかったです。

 宗彦さん、大汗をかきながら「附子」を熱演していたのに、公演終了後、今度は出口近くで大声で茂山狂言ファンクラブクラブSOJAの勧誘をしていました。宗彦さんの前で入会したかったけれど、茂山家プチおっかけをしているわたしは、もう入会済みなのでした。
 
 
 
 
 ある日の朝の公園で。
Img_1273_1_1
 
 
 いやにゴキゲンな凛。
Img_1272_2_1
 
 
 
 
 が、前方に信じられないものを発見し――
Img_1271_1_1_2
 
 
 
 
 表情の変化をお楽しみください(笑)。
 危険なので、岩登り撮影会は緊急中止。目の前の光景に怯えた凛は、すぐに岩を飛び降り、後ろを振り返り振り返りしながら、早足で公園を脱出しました。ボール投げをしようと思って、せっかくフル装備で来たのに……。このあと10メートルのロングリードとボールとディスク入りトートバッグを持ったまま、延々と住宅街を歩きました。ふう。
 
 
 
 
 
怯える凛にワンポチお願いしますenter
人気ブログランキングへ

| | Comments (6)

2009.07.03

傷だらけの犬

 このところ天気予報は外れてばかりですねぇ。それだけ不安定な天候ってことなのでしょうけれど。
 毎日、天気予報をチェックするたびに、「朝と夕方だけは晴れてちょうだい。あ、贅沢は言いません、くもりでいいです、くもりで!」と思ってしまいます。
 怯え病――雷、スコール、花火、苦手なワンコに異常なほど怯える――のお嬢さまは、いったん「怖い!」と思ってしまうと、もう散歩どころではありません。散歩中に雷や夕立がこようものなら、リードがなければ飼い主を置いて逃げるかも。おーい、一代一主の甲斐犬って、誰のことだっけ?

 彼女なりのものさしで「怖い」レンジにはいらなければ、ちょっとくらいの刺激はまるで意に介さずなんですが。
 
 
 週に何度か通る住宅街のなかの小さな公園。
 凛に水を飲ませながら、空になったペットボトルに水を補給していたら……
 
Img_1267_1_1_1 
 
 
Img_1268_2_1_1 
 
 小型犬が泡を吹きながら走りまわり、凛に向かってものすごい勢いで吠えているのに、どこ吹く風。いつもそのくらい、ど~んと構えていてくれると助かるんだけどねぇ。
 その犬の飼い主は、「××ちゃ~ん、だめよ~」と言うだけで、犬を家のなかに入れようともしなければ、吠えるのをやめさせようともしない……なんだかご近所に申し訳ないので、そそくさとこの公園をあとにしました。
 
 
 この日は遊びたりなかったのか、家に帰ってからテニスボールでひとり遊び。フローリングを転がっていったボールを追いかけていったのですが、途中で飽きたらしく、テーブルの下に半分もぐったところで「ぐー」。 
Img_1270_1_1 
 
 
 
 そのあと出したばかりの夏用敷物のうえでも「ぐー」。
Img_1290_1_1 
 
Img_1292_2_1
 写真がないですが、真上から見ると、もっとナスみたいです。
 
 

 いま、マズルは傷あとだらけです。
 
Img_1294_1_1 
 
 
 何かのアレルギーなのか、マズルのヒゲの毛穴がうっすらと赤く腫れて、腫れがひいたかなと思ったら、小さなハゲがいくつかできてしまいました。昔、大型犬に鼻を咬まれたときのあとと、先日ハチに刺されたあともあるため、マズルに白いそばかすのように模様がはいっています。
 アレルギーねぇ……とくにいつもと違うものを食べたわけでもないのになぁ。まさかストレスだったりしてsign02

ストレス過多な日々を送る(!?)凛にワンポチお願いしますenter
人気ブログランキングへ

 

| | Comments (2)

« June 2009 | Main | August 2009 »