« 講演会@紀伊國屋ホール | Main | 老いる犬 »

2009.05.01

それでも散歩する犬

 先月18日、19日と週末に2日続けて外出。どうやら出かけた先の千駄ヶ谷方面でもらいものをしてきたらしく、週明けから発熱しました。何度はかってもデジタル体温計の表示がエラーになってしまうので、アナログな体温計ではかってみたら、水銀がぐんぐん、ぐんぐん、伸びる、伸びる。(熱が高いときって、熱をはかりながら水銀柱を観察したくなるのはわたしだけ?)

 ひゃ~、どこまでいくの?と思っていたら、39度超。この年になってこれだけ熱を出すとこたえますねぇ。その1週間はひたすら病人でした。解熱剤をのんでも38度台までしか熱が下がらず、咳の発作に襲われてろくに眠れないため、しかたなく近所の内科へ。風邪で病院に行ったのは久しぶりです。

 けっきょく一部ワイドショーや週刊誌で話題になった結核ではなく、肺炎でもなく、インフルエンザですらなく、「ただの風邪」。それにしては症状が重いなぁと思いつつ、おとなしく過ごしていたら熱が下がり、なんとか元気になりました。

 絶妙のタイミングで新型インフルエンザ報道があり、まだちょっとだけ咳がでるので、出かけるときはマスク装着。この2週間ずっとマスクを使っていたら、自宅の在庫が乏しくなってきました。残り数日分しかないわ。買いにいかないと。でも、いまマスクが売れていて、どこも在庫わずかなんですよね。むむ、どうしよう。

 この間つらかったのが、凛のお散歩。いまや庭ですら用を足さなくなったので、どんな日も朝夕の散歩が欠かせません。こんなときのためにお散歩代行の業者を探しておかないといけないな、とつくづく思いました。

 
3月、富士山の麓のドギーパークにて。
閉園の1~2時間前に行くとお客がかなり減っていて、たくさんあるドッグランをほとんど貸し切りで使えます。
Img_1136_1_1
 
 
視線の先は……?
Img_1138_2_1
 
 
 
機関車。汽笛が気になるのかな?
何度も見ているのに、見るたびに気になるらしい。
Img_1139_1_1
 
 
 
ドギーパークでいちばん広いドッグラン。
この直後、元気のいい牡の柴犬が突然はいってきたので、一瞬ひやりとしましたが、なかよく追いかけっこしていました。
ドッグランといえど、先客に一声かけてから入場してほしいな~。
Img_1141_2_1

|

« 講演会@紀伊國屋ホール | Main | 老いる犬 »

Comments

>やまぶどうさん、こんばんは。

甲斐犬は野山を走りまわるのが似合っていますもんね。
ドギーパークの広いドッグランを楽しそうに走るdogを見ていると、わたしまで嬉しくなりますsun

dogの散歩はたいへんですが、たしかに規則正しい生活になりますよね。
先日、10歳超のdogを飼っているかたが、年とともにトイレを我慢できる時間が短くなってきたと話していました。凛は室内飼いですが、外でしか用を足しません。いまは1日2回のお散歩も、年をとったら回数を増やすことになるのかなと、ふと思いました。

Posted by: 片山 | 2009.05.05 at 23:35

>Rucionさん、こんばんは。
大人になってからの高熱は、ホントにしんどいですよね。

うちのdogはドライブ大好き、散歩大好きなので、わたしが出かける準備をはじめるとテンションがあがります。
出かける直前の高揚感をおもちゃにぶつけるクセがあり、ときどき興奮して激しく遊びすぎておもちゃを破壊することも(笑)

GWは1度外食するほかは、dogの散歩と買いもの、掃除で終わりそうです。

Posted by: 片山 | 2009.05.05 at 23:27

今晩は。
大変だったようですね。
この写真のようなところで、思いっきり走らせてみたいです。
萌も、散歩に行くまでトイレを我慢しているので、少し遅くなると騒ぎ出します。
休みの日でも、のんびり寝ていられません。
おかげで規則正しい生活をさせてもらっています。

Posted by: やまぶどう | 2009.05.05 at 01:18

体調はもう大丈夫ですか?
ワタクシも去年、このトシで40度近く熱を出して、死ぬと思いました。
子どもは簡単にそのくらいの熱を出しますけどね (^_^;)

わんこはいろいろいっしょに遊びに行けてよいですね。
にゃんこはなかなかそうもいかず。
このGWも庭いじりと家の中の普段できないこととねこあそびで終わりそう(笑)

Posted by: Rucion | 2009.05.04 at 16:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 講演会@紀伊國屋ホール | Main | 老いる犬 »