« January 2009 | Main | March 2009 »

2009.02.26

育つ犬

 日ごろ「甲斐の子犬はかわいいよぉ~」とさんざんわたしに聞かされているみなさま、お待たせしました――って、わが家のワンコではないんですが、ただいま3匹の子犬ちゃんたちの成長記録を公開しているサイトをご紹介します。

dog甲斐犬の親善大使りゅうとりくdog


 飼い主さん宅にはもともと3匹の牝の甲斐犬がいて、今回、そのうちの1匹が元気な3匹の黒いもちゃんたちを産みました。ブログに甲斐犬多頭飼いの暮らしや楽しい子育て日記が綴られています。子犬がかわいいのはもちろんですが、もとからいる3匹もそれぞれ性格が違い、3匹のなかでの役割分担みたいなものができあがっていておもしろいです。

 ブログの日記を数日分読めば、甲斐犬の情の深さ、頭の良さを感じていただけるのではないかと思います。わたしはよく「甲斐犬を室内飼いしてるんですか!?」と驚かれますが、まったくもってノー・プロブレム。毎日しっかり運動をさせて、犬どうしのつきあいもさせておけば、あとはたっぷりの愛情と適度な量の食事を与えるだけ。コードを噛み切ったとか、文庫本の角を噛んだとか、ゴミ箱をひっくり返したとか(←すべて幼き日の凛のしわざ)、何かやらかしたとき、すぐに毅然とした態度で叱ればOK。だめなことは一度で覚え、二度と同じ悪さはしません。何より、主人や仲間を大切にする犬です。うちの凛のように外ではお転婆でも、家族が病気だったり、きゃあと大きな声を出せば、どこにいてもすっとんできてそばに寄り添ってくれる――もう、たまらないですよ。

 そんな甲斐犬の魅力がたっぷりつまったブログです。ぜひのぞいてみてください。

 洋犬もいいけれど、天然記念物の日本犬、甲斐犬もお忘れなく。 
 
 
 
 
 
Img_1040_1_1 
もう育ってしまったわが家の甲斐犬。またまた岩登りの図。

| | Comments (2)

2009.02.24

うまい犬

 朝の散歩で会う人たちには犬好きが多く、凛は「お凛ちゃん」と呼ばれて毎朝かわいがってもらっています。なかでも犬を飼っていないのにドッグフードをジップロックに入れて持ってくるYさんや、わたしから犬用おやつをもらってから凛に与えるNさんなどは、遠くにその姿を見つけるや否や、飼い主を引きずらんばかりに猛ダッシュで走っていこうとします。

 先日、公園でYさんとNさんが運動しているそばを通りかかったとき、凛はもちろん猛ダッシュしました。YさんとNさんのあいだは数メートル離れています。凛はわが家のおやつをくれるだけのNさんよりも「かわいがり歴」が長く、おやつを持ってきてくれるYさんのほうを好きなはず。きっとNさんではなくYさんの目の前に行くだろうと思いきや……急停止して、ふたりのあいだにちょこん、とお座りしました。

 おじちゃんたちは内心では凛がもうひとりのほうにより懐いていると思っていたのでしょう。まんなかに座り、ふたりの顔を見比べながらぷりぷりと尻尾を振っている凛を見て「そーか、そーか、お凛ちゃんはふたりとも好きなのかぁ」と大喜びです。うーん、わが犬ながら、なんてうまいやつ。人心掌握術を心得ています。

 凛は週末の朝だけ会うSさんというおじちゃんも大好き。
 ある日、自宅近くの住宅街を散歩しているとき、凛が一軒の家の門扉のにおいをしつこく嗅ぎ、敷地のなかをのぞきこみました。いやに執着するので犬がいる家かと思い、門に目をやり、狂犬病予防接種済みの「犬」ステッカーを探したら……表札にはSさんの名前。後日、ご本人にかくかくしかじかと説明したら、確かにその家はSさんのご自宅だとのこと。Sさんは自分のにおいを嗅ぎわけた凛に感激していらっしゃいました。むむ、やっぱり、うまいやつ。できるな、おぬし。
 
 
 
Img_1067_1_1 
近所の農地脇の梅。先週の風雨でかなり散ってしまいました。 
 
 
 
 
Img_1064_2_1 
ボール遊びに飽きると…… 
 
 
 
 
Img_1065_1_1 
見晴らしのよいスポットで、お友だち探しのはじまり、はじまり~。 
 


 
Img_1066_2_1 
誰かを見つけるまで、その場を動こうとしません。 
 
 
 
Img_1068_2_1 
公園の出口でも、恒例の岩登り。もう帰ろうよぉ~。


| | Comments (4)

2009.02.22

梅見の犬

 今年は梅を楽しんでいます。

Img_1053_1_1 
 先週末、生田緑地の梅林で。
 観梅客がはけるころ、夕方に行ったのでゆっくり観賞できました。凛はふんふんと花の香りをかいだあと、あとはひたすら地面のにおいかぎへ。花よりにおい、だよね。やっぱり。
 
 
 
Img_1060_2_1 
 においかぎしているうちに楽しい気分になってきたらしく、ぶんぶん尻尾を振りはじめました。「遊ぼ!」とわたしを誘って動きまわるので、ぶれちゃいました。
 
 
 
Img_1061_1_1 
 ひとり(一匹)ではしゃいで梅林を走りまわったあと。凛はますますテンションがあがってきましたが、飼い主は息切れです。木に巻きつくのでフレキシリードも使えず、凛といっしょに走ってしまったことを激しく後悔。
 
 
 
 
Img_1062_2_1 
 なんだかえらくテンション高いんですけど。
 この写真を見ると、竹中直人の「笑いながら怒る人」を思い出してしまう……

| | Comments (2)

2009.02.19

ストレス解消する犬

Img_1023_1_1 
 
 
 先週あたりから、いつもの公園に早咲き品種の桜が咲きはじめました。

 でも写真を撮ったこの日は冷えこんで、朝から雪がちらほら。凛の頭に注目!
 
 
Img_1024_2_1 
 フケでも汚れているわけでもありませんよ~。
 
 
 
 
Img_1025_1_1 
 白いかたまり見えます?
 
 
 
Img_1027_2_1 
 ほらほら!
 
 
 この日は、凛が苦手な人に至近距離で会ってしまいました。凛はニンゲンに怯えても逃げるだけで吠えることがほとんどありませんが、その人が視界に入ると尻尾を後ろ足のあいだに垂らし、半径10メートル以内に近づくと半ばわたしの後ろに隠れながら遠吠えします。かなり怖がっているようです。ま、しょうがないよねえ。金属バットで素振りしながら歩きまわっているんだから。

 その人から少しずつ遠ざかりつつ、凛には遠吠えを我慢させたらイライラがたまったようです。こんなとき用にいつも持ち歩いているのが、もう笛が鳴らなくなった古いおもちゃ。凛のストレス解消グッズです。案の定、破壊活動がはじまりました。
 
 
Img_1028_1_1 
 
 
 本人(犬)が満足するまで徹底的に破壊させます。 
 
 
 
Img_1029_2_1 
 
Img_1030_1_1 
 
Img_1031_2_1 
 
Img_1032_1_1 
 
 前足を器用に使っています。
 
 
Img_1034_2_1 
 
 すっかり粉々にしたら、すっきりしたようです。このあと、わたしがおもちゃの欠片を拾いきるまでおとなしく待ち、ごきげんな顔で散歩を再開しました。


| | Comments (4)

2009.02.18

寒くても歩く犬

 大寒はとうに過ぎたのにこの寒さ。三寒四温とはいいますが、暖かな日が恋しいこのごろです。
 一度体の芯が冷えてしまうと、暖房のある部屋でPCに向かっていても、わたしの手足は末端が冷えたままです。嗚呼、冷え性悲しや。

 たとえ朝の最低気温がマイナスになろうと、凛は毎日のお散歩が楽しみです。
 
 
Img_1016_1_1 
 
 こんな茂みに頭をつっこんだり、
 
 
 
Img_1019_1_1 
 
 
 こんな道をがしがし歩くのが大好き。

 そして、ふと遠くを見つめたり、風のにおいをかいだりしています。平凡な毎日の幸せなひとときです。
 
 
Img_1018_2_1


Img_1020_2_1

| | Comments (0)

2009.02.16

今日も待つ犬

 同じような写真ばかりで、飼い主は飽きてきました。

Img_1008_1_1 
 
 
 
 凛が大好きなオジサンが階段をのぼってくるのを待っているところ。横から見るとやけに姿勢がいいです。
 
Img_1009_2_1 
 
 
 
 で、家に帰ってごはんを食べたら、大いびきをかきながらひたすら昼寝。文字通りの高枕です。
 
Img_1015_1_1 

| | Comments (2)

2009.02.02

毎日のぼる犬

 浅間山の火山灰が神奈川東部のわが家にも飛んできました。車のボンネットとルーフにグレーの粉末がふりかけ状に積もっていました。へええ、こんなところにまでくるんですね。

 仕事で人と会うことになり、午前中から大慌てで美容室へ。時間がなかったのと、肩こりがひどいのとでとてもではないけれどパーマをかける気力がなく、この1カ月で伸びたぶんを切ってもらってきました。シャンプーをしてくれたアシスタントさんがわたしの肩をもみながら「すごい! かたい!」を連発。「もっと押してもだいじょうぶですか? これくらい?」とかなり気合いをいれてもんでくれました。おかげで一息つけて、なんとか夕方のお散歩にも行けました。

 いつもの公園に行き、お友だちわんこ数匹と連れだってウォーキングコースを練り歩いていたら、前方から最近大型犬をなくされたばかりの女性がやってきました。あの大きなわんこは15歳だったかしら。とにかくその犬種にしてはかなりの大往生で、そのわんこが毎日長距離を歩いていたことを知っている他の飼い主さんたちは、あれだけの長寿は若いときからの運動の積み重ねのおかげよね、と噂していたものでした。

 きょう、なぜか凛は名前を呼ばれたわけではないのに、いままで遠目にしか会ったことのないその女性に近寄っていきました。最初は少し用心しながら、でも、女性が手を出してくれてにおいをかがせてくれると、凛はすぐさま寄りかかって体をこすりつけ、まるでよく知っている人にするようにしがみついて顔をなめようとしました。そんなようすを見ていると、心を痛めている人がわかるのかなあ、動物って不思議だなあと思います。


▼最近は公園でデンジャラスな場面に遭遇することが多く、いつも周囲の安全確認済みの似たような写真しか撮れません。 
 
 
Img_1001_1_1 
 
 
 
▼毎日、帰りはかならず岩登り。 
 
 
Img_1002_2_1 
 
 
 
▼飽きもせず、ひたすらお友だちを待つ。 
 
 
Img_1004_2_1 
 
 
 
▼この根気を別なところに使ってほしい飼い主です。 
 
 
Img_1003_1_1

| | Comments (4)

« January 2009 | Main | March 2009 »