« 留守番する犬 | Main | 急かされる犬 »

2008.12.11

留守番に飽きた犬

 昨夜はミステリ忘年会で道玄坂へ。
 年に一度のミステリ翻訳関係の大忘年会、今年は何百人参加していたのかしら。

 去年、同じ忘年会で会った同業者数人と「ランチ行こうよ」と約束していたにもかかわらず、実現しないまま今年の忘年会で会い、お互い苦笑い。それぞれ忙しい時期が違うので、数人が集まろうとするとスケジュール調整が難しいのです。

 名作の新訳が出るなど一読者としては嬉しい反面、新しい作家の邦訳数が減り、版元は刊行作品を以前よりシビアに厳選しているのではないかとか、リーディング依頼の回数が減っているとか、売れ行きが鈍いシリーズものの打ち切り決定がすばやいとか……業界の苦境を思うとしかたのないことではあるのだけれど、なんとも寂しい話が多く。

「いい本=売れる本」ではないのはもちろんのこと、「おもしろい本=売れる本」とも言いきれない現状で、どの版元も翻訳者も何を出せば読んでもらえるのかを考える日々。自分が読みたい、訳したい本と世間に受けいれられる本とのギャップを埋める着地点を探している気がします。翻訳者サイドとしては、けっきょく数多く原書に触れ、翻訳力を伸ばし、自分の専門分野をしっかりと確立させることしかないんだよねと励ましあって解散した夜でした。

 これで参加を予定していた忘年会はおしまい。でも、今月はまだ何度か外出の予定が残っています。お留守番続きでいじける凛に「ごめん」とあやまりつつ、せめてもの罪滅ぼしにおニューのボールで「とってこい」をさせないと。(すぐに破壊されてしまうけれど。)

《不穏な空気を感じとっている凛》
Img_0943_1
 
 
 
《わたしの外出を確信し、いじけている凛。このあとすぐに自主的にケージのなかへ》
Img_0945_1

|

« 留守番する犬 | Main | 急かされる犬 »

Comments

やまぶどうさん、こんばんは。
わたしは凛の「いじけた横目」には耐えられますが、「哀しそうな上目づかい」には毎回降参しそうになります。「お、お出かけやめようかな」と……(笑)
夜の外出があるとき、犬の散歩はたいへんですよね。
萌くん、さびしさに負けずお留守番していてね!

Posted by: 片山 | 2008.12.12 at 18:57

早うございます。
前記事とも、凜ちゃんの目つきがたまりませんね。先代の竜は、いじけると横目でこちらを見ていました。
私は来週末に忘年会が二日続きであります。帰りがたいへんなので、家で飲んでいた方が楽です。萌の散歩、どうしよう・・。

Posted by: やまぶどう | 2008.12.12 at 08:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 留守番する犬 | Main | 急かされる犬 »