« 留守番に飽きた犬 | Main | 新刊『人生の羅針盤』 »

2008.12.15

急かされる犬

 いよいよ年末が迫り、何かと忙しくなってきました。

 テニススクールはあと2回、レンタルコートのテニス会が1回、そのほか第九などのコンサート2回、観劇1回……って、ぜんぶお遊び系の予定か(笑)。いやいや人間ドッグも予約しているし、いつも買いものをしている化粧品店がポイントがたまったのでフェイスエステをしてくれるというし、クリスマスには注文してあるケーキも取りにいかなければならないし、そうだ年賀状をまだ印刷していないではないか!

 もちろん朝夕の凛のお散歩をこなしながら、通常どおり仕事もしています。今月中に仕上げなければならないシノプシス1本を書きながら、次の本の準備も。できれば次の本の1章分でも訳してからお正月を迎えたいところ。

 そんなこんなで毎日ばたばたばたばた、ばたばたばたばた。でも、凛の散歩は突発性のちょっとしたできごとがよく起こるので、つねに時間(と気持ち)に余裕を持っていなければなりません。だから「あと1時間、いや30分でいいから時間をくださいっ!」と天に祈りたくなる12月を過ごしています。いきおい凛を急かしがちですけれど、なにせ生きものですから思うようにはいきません。家のなかでは完璧にわたしの言うことをきく--というか叱られるようなことをまったくしない--のですが、とくに戸外ではマイペース犬にヘンシ~ンするので、彼女が無防備に外の空気を楽しんでいるときにデンジャラスな場面に遭遇しないよう、飼い主は緊張の日々です。

 おととい、いつもの動物病院に行ったときのこと。ほぼ治った膿皮症の最終チェックをしてもらおうと、混みあう待合室を避けて病院裏の公園で順番待ちをしていました。

 すると、遠くからノーリードの白い小型犬がこちらに走ってきて、凛に向かって吠えたてます。わたしはとっさに凛を抱きあげ、一触即発の事態を避けようとしましたが、先方の飼い主さんは「あら~、うちの子なら大丈夫ですよ」と言って、まったくのんびりしたご様子。歯をむき出して吠えているというのに、何が大丈夫なんじゃと言いたくなりましたが、(犬が)ケンカになって流血事件になることだけは回避したい。「うちの子はいきなりそばに来られると、警戒しますので」と言ってやんわりと「怪我をしても知らないよ~」光線を送ると、ようやく自分の犬を呼び寄せました。まったく「小型犬だから危険はない」という非常識な常識は改めてもらいたいものです。現に凛は「この子は大丈夫」と飼い主さんが言いはる小型犬に何度か噛まれているのですから。

 10月から何度か膿皮症で通院しているうちに、凛は病院ですっかり「ビビリ犬の甲斐犬」という烙印を押されてしまいました。「片山さ~ん」と呼ばれると、なんとかしてその場から逃げだそうと馬鹿力を総動員しますので、診察台に乗せるのも乗せておくのも一苦労。やれやれ。膿皮症の診察ついでに混合ワクチンも打ってもらったから、これでしばらく病院に行かずにすみそう。ふう。忙しさのあまり、つい凛を急かしてしまいますが、できるだけゆとりを持って年末年始を迎えたいと思います。


《近所の犬友さんにつくってもらったランニング。毎朝いつもの公園で会うおじさま&おばさまたちに好評です》
Img_0927_1

 
 
《わたしを見あげ、「こっちに行ってもいい?」と聞いているところ》 
Img_0960_1

|

« 留守番に飽きた犬 | Main | 新刊『人生の羅針盤』 »

Comments

やまぶどうさん、おはようございます。
イグアナ! そう、凛もそうです!
やけに力強く爬虫類のようにはいつくばり、脱走を試みます。
そんなときは待合室で飼い主さんの膝に抱かれているチワワやシーズーたちの冷たい視線が痛い……
飼い主さんたちにも「あんなに大きくても病院が怖いのね」と笑われます。
(いや、たいして大きくはないと思いますが。中型犬ですから。)
今年もあと半月。御地は寒さ厳しくなっていることでしょう。風邪に気をつけ、元気にお正月を迎えたいですね。

Posted by: 片山 | 2008.12.16 at 10:13

お早うございます。
病院の様子、目に浮かぶようです。
萌も玄関に入れるのが一苦労です。
イグアナのように這いつくばりながら逃げ出しますので。
馬鹿力を総動員・・甲斐犬の力は体の大きさで判断出来ませんね。
今年も、もう半月になってしまいました。
健康に気をつけて頑張りましょう。

Posted by: やまぶどう | 2008.12.16 at 07:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 留守番に飽きた犬 | Main | 新刊『人生の羅針盤』 »