« 昼寝する犬 | Main | 冬バージョンの犬 »

2008.10.24

犬の本:『CREA due dog』

 数年ぶりに『CREA due dog』を買いました。凛がわが家に来てからはじめてです。

 犬を飼えないマンションに住んでいて、家族曰く「ペット《レス》症候群」だったころはよく買っていたのですが。当時のわたしは犬の本やポストカードを買い集めたり、ご近所の犬を眺めるのが楽しみな犬オタクでした。

 そういえば凛がわが家の一員になってから《ポチたま》もあまり観なくなりました。シーズンによっては放送時間が散歩の時間と重なるせいもありますが、凛とお友だちのワンコたちがなかよく遊んでいるのを見るだけで「満腹」になるのかもしれません。

 今回の『CREA due dog』には甲斐犬も登場します。天然記念物の日本犬を紹介する企画の1ページに写真と簡単な説明文が載っていて、それだけのために買ったようなものです。

 表紙を飾るのは、今年ソフトバンクのCMでお茶の間の人気をかっさらった北海道犬カイくん。

 じつは凛の散歩中、何度か「カイくんに似てる~!」と指をさされたことがあります。(うっそぉ。共通点は立ち耳・短毛だけじゃないの。そもそも毛色が違う~!――と叫びたかった!)

 企画のなかに人気犬種の年譜のページがありました。やはりCMの力は偉大です。記憶の新しいところではフレンチブルやチワワなどが引っ張りだこに。コリーやセント・バーナードの時代もありました。わたしが子どものころから大型犬が好きだったのも、テレビの影響が大きいですね。ラッシーやヨーゼフに出会ったときは、とても嬉しかったのを覚えています。

 カイくん人気でちょっと心配なのが北海道犬が流行すること。北海道犬は寒冷地で育てられてきた、たっぷり運動させなければならない犬です。飼いきれずに飼育放棄する飼い主さんがあとをたたなかったというハスキーの二の舞にならないことを祈っています。

 

|

« 昼寝する犬 | Main | 冬バージョンの犬 »

Comments

やまぶどうさん、おはようございます。

血統書発行団体や各種展覧会などのおかげで犬種ごとの「血」や特徴が保たれてきた利点はありますが、わたしもお金が絡む諸問題を悲しく思っています。いまのところお金のにおいがする場には近づかない、という消極的な位置取りしかできませんが。

白い甲斐犬、ネット検索して見つけました! 何かの本で読んだことはありますが、写真を見たのははじめてです。たしかにカイくんと似ていますね。
凛にも胸もとに白い毛が少しだけあります。

Posted by: 片山 | 2008.10.26 at 09:11

今晩は。
人気番組の犬種のブームは、ずっと繰り返されて来ましたね。最近では、特殊なMIX犬も人気のようで、純血種よりも高値がついていました。
分譲する犬の幸せよりも、利益のことばかりを考えている人たちが多いのは、残念なことです。
お金の絡む問題は、甲斐犬の業界にもあるようで、組織や審査の諸問題に触れたHPを見て暗い気持ちになりました。
白い甲斐犬(血統書は発行されないそうですが)が、カイ君と似ています。
http://www.geocities.jp/atommirai/siroinu.html

Posted by: やまぶどう | 2008.10.25 at 22:44

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 昼寝する犬 | Main | 冬バージョンの犬 »