« 座る犬 | Main | 犬の本:Dog Heroes of September 11th: A Tribute to America's Search and Rescue Dogs »

2008.08.24

拒絶する犬

Img_0767_1

 毎日白い朝顔が数輪ずつ咲いています。「緑のカーテン」になるほど伸びなかったけれど、毎朝凛の散歩で玄関ドアを開けるとき、「今朝はいくつ咲いているかな」と楽しみ。種をとれたら、来年も撒いてみよう。

 この週末、いつものようにいつもの公園に朝の散歩にいきました。いつもだったらまるで相撲かプロレスのように取っ組み合って遊ぶボーダーコリーのはなちゃんや、秋田犬のももちゃんに誘われると、なぜか凛がガウガウ吠える。そばにいるだけならかまわないけれど、遊ぶのは絶対イヤという態度があからさまなのです。

 わたしは凛が遊びを拒絶する理由がさっぱりわからず、ワンコたちの「凛ちゃん、どーして怒ってるの?」ときいているような表情に寂しい気分になって帰宅しました。

 そのあと、凛ははどうしたわけか一日中家ではほとんど何も食べず、やたらと後追いしてきて、いつも以上に甘ったれていました。そして、深夜になって嘔吐。ああ、体調が悪かったのね。だから、はなちゃんたちに遊ぼうって誘われたとき、吠えて拒絶したのね……そう思うと、とても不憫になりました。(もう少しやんわりとした断りかたをしてくれるとよかったけど)

 飼い主は自分の犬のことをわかっているようで、じつはたいしてわかっていないものですね。今回は嘔吐するまで凛の体調不良に気づきませんでした。家でドッグフードを食べないのも、いつもの気まぐれかと思っていたくらいで。はなちゃん、ももちゃん、ガウガウしてごめんね。また凛と遊んでやってください。


Img_0766_1

 秋田犬のももちゃんと。なぜかこの2匹はこんなふうによく同じポーズでたたずんでいます。端にうつっているのはトイプードルのルイくん。ずっと凛のことを怖がっていましたが、最近、そばに来てくれるようになりました。

|

« 座る犬 | Main | 犬の本:Dog Heroes of September 11th: A Tribute to America's Search and Rescue Dogs »

Comments

やまぶどうさん、こんにちは。
萌くん、どうしたんでしょう。いまごろ夏バテがやってきたのかしら。

凛の場合、子犬のころからドッグフードにはほとんど執着せず、フードを「あっという間に平らげる」シーンは、もうすぐ3歳になるというのに、いままでに数度しか見たことがありません。
獣医さん曰く、少量の食事で元気いっぱい動きまわる(燃費のいい)犬だとか。

過保護にはしたくないですが、犬のようすの微妙な変化に気づいてあげることも大切ですね。

Posted by: 片山 | 2008.08.25 at 11:10

今晩は。
凜ちゃん、体調不良ですか?心配ですね。
萌も、このところご飯を残す事があります。一時期は、あっという間に平らげていたのに・・。
おやつは催促するのに、ドッグフードの餌入れをひっくり返している時があります。叱っても、またやるので困っています。
犬がいつもと違う態度を示した時は、我が儘だけでなく、別の理由があるのかもしれませんね。
今日は、雨の中の朝散歩で頑張りすぎたせいか、小屋で大人しくしていました。

Posted by: やまぶどう | 2008.08.24 at 18:29

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 座る犬 | Main | 犬の本:Dog Heroes of September 11th: A Tribute to America's Search and Rescue Dogs »