« 暑がる犬 | Main | 座る犬 »

2008.07.28

食べる犬

 どたばたと過ぎていく毎日の気分転換といえば、最近は凛のおやつやドッグフードのトッピングづくり。

 といっても、あくまでも気分転換なので複雑なものはつくりません。

 小麦粉と木綿豆腐をベースに、犬用ふりかけやかつお節を粉末にしたものを混ぜこみ、オーブントースターで数分焼くだけのビスケット。つくりはじめから焼きあがりまで15分程度で、お手軽なおやつ完成!

 そのほかよくつくるのがササミや馬肉のジャーキー。使いやすい大きさに切って、170~180度に予熱したオーブンで20~30分程度焼くだけ。水分がとんでカリカリになるので、冷蔵庫に入れておけば1週間くらいは持ちます。

 きょうつくったのは、豚肉の肉汁寒天と鶏レバーのジャーキーです。

 寒天は、ニンゲン用の麺料理にのせるために茹でた豚肉を鍋から引きあげたあとの汁を活用。汁を冷ましながら上に浮かんでくる油をなるべく取り除き、ある程度油っぽさが脱けたところで再加熱し、寒天を溶かすだけです。
 いま、密閉容器に入れて、冷蔵庫で固めています。うまく固まったら、少量をスクランブルエッグ状にしてドッグフードにのせるつもり。肉の繊維が汁のなかに残っているので、凛はきっと喜んで食べるにちがいありません。鍋を火にかけているあいだも、台所の入り口に伏せて待ちかまえていました。

 鶏レバーのジャーキーは適当な大きさに切って、170度に予熱しておいたオーブンで25分焼きました。レバーのぼそぼそな繊維のおかげでちぎりやすく、お散歩時に少しずつあげるには便利です。猛暑のいまはあまり長い時間持ち歩けないけれど。こちらも凛は大喜びでした。

鶏レバーのジャーキー。トラピスト・バターの缶で保存中。
Img_0760_1


いつもの公園でお友だちを探す凛。ハンカチで保冷剤をくるみ、首に巻いています。ほんとうは首の後ろを冷やしたいのに、保冷剤がとけてくると、どうしても喉もとに落ちてしまう。
Img_0746_1

|

« 暑がる犬 | Main | 座る犬 »

Comments

>こゆきさん

こんばんは。
フェレットを飼っていらっしゃるんですね~。わたしは1度しかナマで見たことがなくて、『いたずらフェレットは容疑者』を訳すとき、フェレットの飼いかたの本や飼っているかたのブログなどで予備知識を仕入れました。
もう頭から脱けているかもしれません……脳みそのキャパが小さいもので(苦笑)。
次回フェレットで困ったときは、どうぞよろしくお願いします!

凛のケーキ……味があったのかしら? 本人(犬)はとてもおいしかったみたいです。
犬の手作りおやつ本を見るとオリゴ糖を使うレシピが出ていますし、ケーキにも多少甘みがついていたのかもしれません。犬は甘党なのだそうです。飼い主と同じだ(笑)。

Posted by: 片山 | 2008.10.01 at 20:32

片山さん、ずいぶんお久しぶりです。

前に一度ここに来たことがあったので、わんちゃんを飼ってらっしゃるのは知っていました。

実は今晩ここに来たのは、あのフェレットの本の翻訳者が片山さんだと気が付いたからです。ボーとウィッシュリストに入れてたもので。

実はわたし何本か飼ったことあります。いまも1本います。続編があって(ありましたよね、たしか)わかりにくいことがあったら、ぜひメールしてください。

本はもうすぐ届くので、楽しみにしてます。凛ちゃんのケーキは味があったのでしょうか。フェレットの食べ物は味がありません。付けちゃダメだそうです。

それでは、失礼しますー。

Posted by: こゆき | 2008.10.01 at 01:19

>やまぶどうさん

食器を小屋の下に押しこむとは、萌くん、なかなか頭のいいアピールですね!
凛もよく顔色をうかがいます。
ドッグフードを食べずにおやつばかり要求するので無視していると、ちょっとやりすぎたと思うのか、こちらをちろちろ見ながらフードを食べます。
そして、食べ終わると「食べたよ」とわたしに教えにきます。
フードを完食したら与えている歯磨きがわりのガム欲しさなんですけれどね(笑)。

Posted by: 片山 | 2008.07.31 at 11:37

今晩は。
凜ちゃんは、幸せですね。
萌は、好きなビスケットや鶏肉のおやつが入っていないと、食器を小屋の下に押し込んだり、ひっくり返す事があります。
叱ると仕方なく食べ始めます。
私が見ている間だけチラチラ顔色をうかがいながら・・。
拗ねたり、ふて腐れたり、人間と一緒ですね。

Posted by: やまぶどう | 2008.07.30 at 23:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 暑がる犬 | Main | 座る犬 »