« June 2008 | Main | August 2008 »

2008.07.28

食べる犬

 どたばたと過ぎていく毎日の気分転換といえば、最近は凛のおやつやドッグフードのトッピングづくり。

 といっても、あくまでも気分転換なので複雑なものはつくりません。

 小麦粉と木綿豆腐をベースに、犬用ふりかけやかつお節を粉末にしたものを混ぜこみ、オーブントースターで数分焼くだけのビスケット。つくりはじめから焼きあがりまで15分程度で、お手軽なおやつ完成!

 そのほかよくつくるのがササミや馬肉のジャーキー。使いやすい大きさに切って、170~180度に予熱したオーブンで20~30分程度焼くだけ。水分がとんでカリカリになるので、冷蔵庫に入れておけば1週間くらいは持ちます。

 きょうつくったのは、豚肉の肉汁寒天と鶏レバーのジャーキーです。

 寒天は、ニンゲン用の麺料理にのせるために茹でた豚肉を鍋から引きあげたあとの汁を活用。汁を冷ましながら上に浮かんでくる油をなるべく取り除き、ある程度油っぽさが脱けたところで再加熱し、寒天を溶かすだけです。
 いま、密閉容器に入れて、冷蔵庫で固めています。うまく固まったら、少量をスクランブルエッグ状にしてドッグフードにのせるつもり。肉の繊維が汁のなかに残っているので、凛はきっと喜んで食べるにちがいありません。鍋を火にかけているあいだも、台所の入り口に伏せて待ちかまえていました。

 鶏レバーのジャーキーは適当な大きさに切って、170度に予熱しておいたオーブンで25分焼きました。レバーのぼそぼそな繊維のおかげでちぎりやすく、お散歩時に少しずつあげるには便利です。猛暑のいまはあまり長い時間持ち歩けないけれど。こちらも凛は大喜びでした。

鶏レバーのジャーキー。トラピスト・バターの缶で保存中。
Img_0760_1


いつもの公園でお友だちを探す凛。ハンカチで保冷剤をくるみ、首に巻いています。ほんとうは首の後ろを冷やしたいのに、保冷剤がとけてくると、どうしても喉もとに落ちてしまう。
Img_0746_1

| | Comments (4)

2008.07.24

暑がる犬

 連日の猛暑に早くもバテぎみ。(ニンゲンもdogも)

 少し状態がよくなってきた凛の外耳炎は、お散歩時のモスキート攻撃で悪化する心配があります。それで、少しでも虫除けをと、お散歩用ショルダーバッグに携帯用蚊取り線香皿をぶら下げていつもの公園に通っています。

 これだけ暑いと冷房は苦手なんて言っていられません。凛もべろりと舌を出し、はぁはぁと荒く呼吸をしながら、わたしに暑いと訴えます。お友だち犬の話を聞くと、扇風機の前やエアコンの送風が直にあたるスポットを占領する子もいるとか。犬もニンゲンもしばらくしんどい季節ですね。

 わが家では居間の室内気温が28度を超えたらエアコンのスイッチをいれます。この数日は、エアコン稼働の時間がどんどん早まり、今朝は朝9時半から冷房を入れていました。扇風機、除湿器もフル稼働なので、次の電気料金の請求が恐ろしいです。

 多少冷房を入れても、夏はなかなか体の疲れがとれず、仕事が思うように進みません。いまはいつもと少し違う頭の使いかたをしなければならない仕事をしているため、少しでも体調のいいときにせっせと作業しています。


 わが家の庭と玄関先の花。
(上)紫陽花はそろそろ終わり。引っ越してきたときにすでに植えてあったので、何という名前の紫陽花なのかを知らず。
(中)アメリカンブルー。ぐんぐん伸びてよく増える。そのうちもっと大きな鉢に植え替えよう。
(下)炎天下、日干しになりそうだけど、なんとか咲き続けている寄せ植え。

Img_0727_1

Img_0732_1

Img_0730_1

Img_0738_1

 何かをおねだりしている凛。ぶんぶん高速で振りすぎて、しっぽが見えない。

| | Comments (2)

« June 2008 | Main | August 2008 »