« 泣き叫ぶ犬 | Main | 偏愛する人 »

2008.06.10

PRICEを持つ犬

Img_0656_1

 犬の保護活動をしているとある民間シェルターのサイトから買ったシリコンバンド。
 外側に「SMALL LIFE, SAME PRICE(小さな命も同じ価値)」とプリントされています。
 生きものと暮らすとき、わたしたちの意識のなかになければならない言葉だと思います。

 けさも早朝に凛の散歩に出かけたら、住宅街をノーリードで歩いているボーダーコリーに遭遇してぎょっとしました。しかも凛に思いっきり威嚇しているというのに、飼い主さんは平然としていて謝るでもなく、犬をつなぐでもなく。
 車も人も少ない時間帯だったけれど、住宅街ですよ? 家がたくさんたっているんですよ?
 牙を見せてうなるボーダーコリーに、凛の背中の毛は総立ち。ああ、バトルになってしまうと思いました。

 こういう事態をまったく想定しようとしない飼い主のなんと多いことか。ノーリードがいろんな意味でどれほど危険なのか、わかってほしい。せめて、わが家や凛のお友だち犬たちとトラブルを起こさないでほしい。どの子にもSAME PRICEがあるのだから。
 けっきょく凛がわたしのコマンドをきいてその場を離れたので事なきを得ましたが、朝からぞっとしました。

 


Img_0658_1

 今年は凛とたくさん歩こう!と思って買ったトレッキングシューズ。梅雨にはいってしまい、まだ出番がありません。


Img_0555_1

Img_0556_1


 公園に仲良しのお友だちが来ていないと、まったりと待ちの姿勢にはいるお嬢様。

|

« 泣き叫ぶ犬 | Main | 偏愛する人 »

Comments

>やまぶどうさん

おはようございます。
萌くんも泣き虫さんなんですか?
あはは、妙に親近感を覚えます~!
同じ飼い主さんなのに先代の甲斐犬とは違う面があるのですね。やはり犬にはそれぞれに個性があるのだなと実感します。

凛も洋犬に比べると慎重で警戒心が強いところはありますが、一度心を許した相手には(犬でもニンゲンでも)、強い仲間意識を持つようです。
観察しているとおもしろいです。

やまぶどうさんのご近所にもノーリード犬がいるのですね。
わが家の近辺にも、つぎにバトルになったら、凛かわたしがケガをするかもと思うようなノーリード犬が何匹かいます。
近所だけに散歩コースも似ていて、「散歩の時間をずらす」「近寄らない」くらいの消極的な対策しかできません。
ご近所さんですし、何もないことを祈りますが、何かあったとき、とくにわたしまでケガをしたときは通報せざるをえないと思っています。

Posted by: 片山 | 2008.06.11 at 10:49

お早うございます。
凜ちゃん、病院で鳴いたんですか?萌と一緒です。世間の人が持っている甲斐犬の印象からすると「えっ?甲斐犬でしょ?」なんて思われる行動が多いです。
先代の竜は、私から見ても独特の雰囲気と甲斐犬らしい気性を持っていました。近所の人にも、竜は怖かったけど萌は近づきやすいと言われます。でも、萌がフルスピードで駆け回る姿は、竜と同じく甲斐犬だと感じさせてくれます。
身の回りに、警戒心を抱かせるものが多すぎるから、慎重な性格が目立って来るのかもしれません。知人のワンちゃんも同じだと聞きました。
放し飼いの犬・・我が家の近くにもいます。何度か糞掃除をさせられました。幼い子も遊んでいるところで平気でいる飼い主の気が知れません。注意する度になんだかんだといい訳をしています。市の条例でも放し飼いは禁止されているので、この先目に余るようなら連絡しようと思っています。

Posted by: やまぶどう | 2008.06.11 at 05:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 泣き叫ぶ犬 | Main | 偏愛する人 »