« 聞きわける犬 | Main | 着る犬 2 »

2008.04.30

逃げる犬

 凛の数少ない芸のレパートリーに「は~い」があります。

 なんのことはない、わたしが「おやつ欲しい人~? は~い」と言ったら、目の前でオスワリしている凛が左前足を〈挙手〉するというだけなんですが。これがなかなかカワイイ(←かなり親×か)

 ところで、凛は少し前から左耳の入り口に小さな傷をつくり、治りかけの傷を掻いて悪化させてしまいました。そのため動物病院で耳の洗浄と消毒をしてもらうことに。

 少し前に最初の洗浄にいったとき、それはそれは悲しそうな哀れな声で「怖いですぅ~。放してください~」とほとんど悲鳴のような声をだしていた凛。注射は平気だし、獣医さんにはだいたいどこでも触らせるけれど、耳のなかだけは苦手だもんね。それは知ってる。だが、あの声はすごすぎ。きっと待合室にいたほかのワンコたちは、奥の部屋でどんな恐ろしいことが行われているかと思ったにちがいない。ってくらい哀れな泣き声でした。

 それから10日後の昨日のこと。

 いつもは尻尾ふりふりで病院にはいっていくのに、昨日は病院の前で「いやです。はいりたいないですっ」と前足をふんばって抵抗しました。
 どうにか待合室まで連れていくと、終始不安そうな表情で、奥から泣き叫ぶ声が聞こえるたびにびくり、またびくり。そのあと、「凛は痛くないよね?」と問いたげにわたしの顔を見つめます。

 むむむ。たいして痛くないだろうけれど、かなり怖いかもねぇ。なんせ耳の洗浄だからねぇ……と言いたいところをぐっとこらえ、「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と撫でてやりました。

 1時間は待たされかというとき、ようやく名前を呼ばれました。

「片山さ~ん。片山凛ちゃ~ん」

 そのとき凛は病院の玄関から出ようとしました。その瞬間を見ていた獣医さんいわく、最初の「片山さ~ん」で凛はもう逃げだそうとしていたとか。自分の名字を覚えているんですね、と感心されました。

 ふと思いあたることがありました。最近、自宅で「片山凛ちゃ~ん? は~い」をしていたせいか、凛は自分は「カタヤマ リン」だと思っていたのではないかと。

 せっかく獣医さんが長い時間おりこうに待っていたねと褒めてくれたのに、そのあと診察台にのせられた凛は前回と同じように怯え、治療が終わるまで悲鳴のような声を出し続けていました。隣の診察台でおとなしく診察を受けていたシーズー犬の哀れむような視線が悲しかった。

 洗浄と薬がきいて、耳の傷はかなり小さくなりました。でも、またあんなに泣かれるかと思うと、半月後の再診がユーウツです。

Img_0554_1

《視線の先にあるものは?》

|

« 聞きわける犬 | Main | 着る犬 2 »

Comments

>やまぶどうさん

おはようございます。

ああ、萌くんも同じなんですね。うちは車はだいじょうぶですが、雷、キックボードやスケートボード、風に吹かれてばふん、と大きな音をたてているごみ袋などはまったくダメです。
(リードがつながっているのに)飼い主を置き去りにして逃げようとします。
いまのところ番犬度ゼロの凛です。

Posted by: 片山 | 2008.05.02 at 10:48

お早うございます。

凜ちゃんの様子、目に浮かぶようです。
萌も病院に入る時は、地を這うような姿勢で、時々逆方向を向いて困らせます。

散歩の時も、車の音が聞こえると一目散に家の方へ帰ろうとするし、雷と花火の音はもっと苦手で、小屋に入って震えています。

他の人のブログで見る甲斐犬のイメージとかなり違います。

Posted by: やまぶどう | 2008.05.02 at 05:42

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 聞きわける犬 | Main | 着る犬 2 »