« 癒えるまで | Main | 犬連れの旅 »

2007.07.08

犬と公園とリード

 毎日凛を連れていく公園は、とても広い。多目的広場とジョギングロード、小川、池、林、いくつかの遊具があり、地元の人だけではなく、遠くからわざわざ車で遊びにくる人もいます。

 このブログで何度か触れていますが、この数ヵ月、ノーリードで犬を遊ばせる人や、犬の排泄物を処理しない人が増えてきたように感じます。そのため、ときどき小さなトラブルがあり、公園の管理人さん曰く「犬を立ち入り禁止にしてという要望が届いている」とのこと。

 それは困る。とても困る。そもそも、近所に犬の散歩にちょうどいい公園があるというのも、いまの家を借りた理由のひとつなので。

 もちろん、わたしだって凛を思いきり走らせてあげたい。仲良しの子たちとノーリードで遊ばせたら、どんなに喜ぶだろうと思います。

 でも、ノーリードにはしない。それが公園のルールだから――というのは表面的な理由。ノーリードにすると凛が危険な目に遭う、または誰かに怪我をさせる可能性が高まるから、というのがほんとうの理由です。

 じっさい、わたしの手からリードが離れ、ほかの犬を怖がらせてしまったこともあるし、凛自身がノーリードの子に怪我をさせられたこともある。日ごろお友だちと取っ組み合って遊んでいると、しじゅう小さな傷をつくっていますが、病院のお世話になるような怪我をしていない(させていない)のは、リードをつけているからこそだと思うのです。

 ときどき、元気いっぱいに遊ぶ凛を見て、ノーリードで遊ばせてあげたらいいのにと《アドバイス》してくれる人がいます。最初は適当に相づちを打ってごまかし、しつこく言われると「呼んでも帰ってこないので、放せません」と言い訳します。それでも「いつも放して呼び戻しの練習をすれば、だいじょうぶ、帰ってくるようになるわ」と《アドバイス》してくれる人には、以後、なるべく近づかないようにします。じゃないと、あなたのご忠告どおりにノーリードにして凛が怪我をしたら、凛が誰かに怪我をさせたら、あなたが責任をとってくれますか、と言ってしまいそうだから。

 人も犬も大好きな子だから、気になる相手を見つけたら追いかけていく。それが怖いんです。フレンドリーな子だからこその危険があることをわかっていない飼い主さんに言いたい。凛を守るために、わたしはリードを放しません。


《こんな場所を自由に走らせたいのは当然です》
 
Img_0242_1_1

|

« 癒えるまで | Main | 犬連れの旅 »

Comments

>久慈姫さん

こんにちは。いらっしゃいませ♪

そうですねぇ、市民の森や公園などでは二重のルールがある気がします。
管理サイドが決めたルールと、公のルールを必ずしも守っているわけではないけれど、常連の利用者同士の暗黙の了解、みたいな。
そのどちらにもあてはまらないワンコが一匹いただけで、散歩の緊張度は高まります~。

うちの子も9月で2歳になりますが、以前より意思表示がはっきりしてきて、嫌なことをされると、ガウガウするようになりました。
だから、滅多に会わないワンコがノーリードで近づいてくると、相手の出方がわからないだけに、ほんとうに緊張します。

楽しく安全にワンコのいる生活を楽しみたいものです。

Posted by: 片山 | 2007.07.16 at 13:06

初めてお邪魔します、くろいもの久慈姫です。
皆さんほぼ同じような体験してるんですねぇ。

家の近くにも大きい公園が2つあります。市民公園で犬の散歩OKなので、やはり車で大型犬を連れてくる人も多い。
私も、この2つの大きな公園があるから今の家を借りました^^
そして私も家の二人のリードは絶対離さない。
理由はnaoさんと一緒です^^

モラルやマナーの事を考えると、実にイロイロな人と出くわすので、犬と過ごしてきた自分の常識が非常識なのか?と思う時さえある(笑)
でもまぁ、家のスタイル、犬の守り方は曲げられません、よねぇ。
ゴマという11歳♀の甲斐が居ますが、ほぼ温厚だけどスイッチ入るとかなりなツワモノ。
7ヶ月のいくらも、好奇心の塊・恐いもの知らず。
彼女たちの盾は私ですから~(笑)

Posted by: 久慈姫 | 2007.07.16 at 12:19

>風華★親爺さん

そうそう、危なっかしいワンコの飼い主さんにかぎって「うちの子は大丈夫」と言います(苦笑)

凛は「大丈夫」なノーリードの子に追い回され、ブチ切れそうになったり、わたしに助けてと訴えたことが何度かあります。

いくらフレンドリーなワンコでも、逆にフレンドリーすぎるからこそ、万人(犬)に好かれるとは限らないとわかってほしいものです。

凛は某市の緑地や某々市の市民の森によく出没しています。
首輪も胴輪もリードも赤い黒虎を見かけたら、声をかけてくださいね。

Posted by: 片山 | 2007.07.11 at 11:41

ノ-リ-ドでしつけが出来てないワン公は困りますよね。
そういう飼い主ほどのんきに『ウチの子大丈夫ですから』と言う(笑)

九ヶ月の頃、ノ-リ-ドの柴犬のオスに激しく威嚇されました。
いつもの市民の森なんですが普通の人はリ-ドは離さないだろ?という場所です。
『これが子供だったらどうするんですか?』と説教した私の顔は甲斐犬より恐かったと思います(笑)

ブログ拝見してて気が付いたんですが風華は凛ちゃんと同じ市内に住んでるようです。

どこかの市民の森でお会いするかもしれません(笑)

Posted by: 風華★親爺 | 2007.07.11 at 05:52

あんなにフレンドリーなももちゃんが怖かったら、大型犬はぜんぶ怖くなっちゃいます(笑)。

ももちゃん、昨日の夕方もご一緒しました。いつもどおりにキュートでしたよ♪
夜になると、パパの帰りを玄関で待っているそうですね……けなげだぁ(感涙)。

えっ、ベッカム様を~!?
MLSのサイトを見たら、あと4日でベッカムがLAに来る!と宣伝していました。移籍前に母国でのんびり~なんでしょうか。

Posted by: 片山 | 2007.07.09 at 11:27

本当に公園でのマナーが悪い人は困りますね。
因みにももは、リードを放してみればという人は、いません。
ももは、大きくて怖く見えるからでしょうか?
早く帰って、公園でワンコに囲まれたいです。

追伸、ベッカムすぐ近くで見ました。

Posted by: ももパパ | 2007.07.09 at 10:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 癒えるまで | Main | 犬連れの旅 »