« 梅雨入りして | Main | 犬と公園とリード »

2007.07.06

癒えるまで

 毎朝毎晩、凛は隣宅の庭をじっと見る。そして、いつまでもぴいぴいと哀しげに鼻を鳴らす。

 あれから二週間が過ぎたというのに、「おうちに入ろう」と促されるまで、なぜか主のいなくなった小屋を見つめつづける。

 まさかとは思いつつも、凛なりにお隣の変化を感じているような気がしてならない。

 あの日、朝の散歩から帰ってきたとき、偶然に見た光景を理解しているのだろうか。
 お別れするとき、鼻を鳴らしながら、なんとかその体に触れようとしていた。
 わたしとふたりで見送った、変わりはてた姿を記憶しているのだろうか。


 わたしは今日も、お願い、もう泣かないでと心のなかで呟く。


Img_0225_1_1

|

« 梅雨入りして | Main | 犬と公園とリード »

Comments

>ジャック母さん

いらっしゃいませ~♪
そういう不思議なことがあるんですねぇ。きっとご近所のワンコたちに、何かが伝わったんでしょうね。

今朝もジャック母さんと別れたあと、まだ外に出ている柴ちゃんのケージに向かって、ぴいぴい言っていました。
いつまで続くんだろう……

Posted by: 片山 | 2007.07.08 at 11:25

こちらははじめまして^^;
日記を読んで思い出しました。
昔家の犬がなくなった夜中近所の犬達がいっせいに遠吠えしてました。布団の中で何がおきたんだろう?って思ったら翌朝家の犬が亡くなってました。
偶然かもしれません。でも見送ってくれたのかな?って今でも思います^^
きっとわかるんですよね。

Posted by: ジャック母 | 2007.07.07 at 22:02

ももパパさん、こんにちは。
今朝も、ちょっとだけももちゃんと遊んでもらいました。ありがとうございます。

お隣に高齢の柴ちゃんがいました。
そう、過去形なんです。
わたしたち、お隣のかたが柴ちゃんをお家から送りだすときに出くわしたのですよ……
すごくすごく悲しかったです。

今朝も誰もいない庭の犬小屋とケージに向かって、凛はぴいぴいと鼻を鳴らしていました。

Posted by: 片山 | 2007.07.07 at 15:19

お隣さん、どうしちゃったんだろう???

Posted by: ももパパ | 2007.07.07 at 11:47

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 梅雨入りして | Main | 犬と公園とリード »