« 『ミス・ジュリア 真夏の出来事』 | Main | オヤジのおせっかい »

2006.04.24

番犬度

 先週、はじめての狂犬病予防接種を済ませてきました。
 ニンゲンが大好きな凛は、クリニックの待合室でテンション、ハイ。優しい看護師さんにかわいがられて超ゴキゲンです。順番を待っているあいだもあらゆる隙間にマズルをつっこみ、においを嗅いだり、よそのわんこの飼い主さんに愛想をふりまいていました。頼むから少しは落ち着いてくれぇ~。

 わたしは力が強くなった凛に負けじと、リードを両手でしっかり持っているだけでへとへと。ただ、まったく落ち着きがないんですが、ちっとも吠えないんですよ、うちの子。それだけはほんとうに助かります。よその飼い主さんはみなさん一様に、凛に向かって「吠えないのねぇ。おとなしいわねぇ……元気いいわねぇ」と、なんか矛盾していない?と思わずにいられないコメント。でも、おとなしく……はないです。わんわん吠えないだけで、活動スイッチが入ってしまったら、かなり元気はいいです。幸い、待合室にいたほかのわんこたちがおとなしく、凛の興奮につられてクリニック中が大騒ぎになる事態は避けられました。

 待合室で知らない飼い主さんに声をかけられました。
「××団地の近くのわんちゃんじゃありませんか?」
「ええ、そうですが」
「いつもお庭の柵のあいだから、ちょこんと顔をだして外をのぞいていますよね~。ちっとも吠えないので、おとなしいわんちゃんだなぁと思って」
「はあ」
 飼い主の知らないところで、どうやら凛は近所で有名みたいです。甲斐犬じたいが珍しいうえ、やたらと他人にも愛想がいいので、庭に出ているあいだ通りがかりの人にかわいがられているようす。昨日など古新聞回収のオジサンが「凛ちゃん、おはよう」と声をかけていたので、そのオジサンに初めて会ったわたしはビックリしました。なんで名前を知ってるん? たぶん、首輪につけている迷子札を見たのでしょうけれど、小さい字なのでかなり近寄って凛の首輪をつかんでいないと読めないと思うのですが。あの子ったら、知らないオジサンにそんなことをさせたのかしら。フレンドリーなのはいいけれど、いまのところ番犬度ゼロの凛です。

 作家の馳星周氏のサイト が更新されていました。新日記《ワルテルと小説家》スタート。犬好きのかたにはお勧めです。《軽井沢日記》が終わったあと、わたしもワルテルくん日記を待ちこがれていたひとり。新日記を楽しみにしています。

《笑ってる?》
Img_0035_1_1

|

« 『ミス・ジュリア 真夏の出来事』 | Main | オヤジのおせっかい »

Comments

oh-futaeさん、いらっしゃいませ。ほんとにお久しぶりです~。ばたばたと引っ越してしまったので、オフィスのほうにも札幌を発つ直前に慌ただしくご挨拶しただけでした。

少し前にR社の編集者Kさんとお会いしたとき、oh-futaeさんのお話が出て、そういえばお元気でいらっしゃるかな~と思っていたところです。

年末のミステリ忘年会などには上京されるのでしょうか? メールアドレスは札幌時代と変わっていませんし、このブログのメール・フォームからでもいいので、こちらにお越しのさいにはぜひぜひご一報ください。札幌のみなさまにどうぞよろしくお伝えください(^^)

Posted by: 片山 | 2006.04.26 at 18:24

片山さん、お久しぶりです。札幌で何度かお会いした同業者のoh_futaeです!覚えていますか?仕事のモティベーションを上げようと「文芸翻訳」なんぞでネットサーフィンしてたら、片山さんのブログがあるじゃありませんか。神奈川に移られてたとは、露知らず。ざざっと読ませていただいて、つくづく偉いなあと思いました。私もタラタラやってないで、気合いれて頑張らなくちゃ。
ちなみに、私はMダックス6歳♂を飼ってます。そういえばもう狂犬病の注射のシーズンだなあ・・・また遊びにきますね。

Posted by: oh_futae | 2006.04.26 at 14:25

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27759/9746170

Listed below are links to weblogs that reference 番犬度:

« 『ミス・ジュリア 真夏の出来事』 | Main | オヤジのおせっかい »