« 油断大敵 | Main | 犬の本:『オアシス』 »

2006.02.25

必殺技:小首かしげ

 生後2か月で凛をブリーダーさんから譲ってもらったときはむくむくしていて、まん丸の黒い毛糸玉のようだったのに、近ごろ体型が大人っぽくなってきました。あいかわらずおてんばですが、5か月を過ぎたいまはずいぶん聞きわけもよくなりました。わたしが何か話しかけると、小首をかしげながら懸命に聞きとろう、理解しようとしているみたい。そのときの顔がむちゃくちゃかわいい。小首かしげは凛の必殺技です。(さいきん親ば×ぶりを披露するのが恥ずかしくなくなってきたのよ、ふふん。)

 三頭身のずんぐりむっくり体型がすらりとスレンダーになるにつれて、小首をかしげた凛はある犬に似てきました。昔、実家にあったレコードプレーヤーのマークの犬。そう、ビクターのトレードマークのあの白いわんこです。ときどき凛を「ビクターちゃん」と呼ぶくらい、小首をかしげて物音に耳を傾けるようすがそっくりなんです。(親ば×の飼い主は、このポーズは凛の最高にかわいいしぐさのひとつだと思っているのよ、うふ。)

 昨日読んだエッセイ集『さいえんす?』(東野圭吾著/角川文庫)によると、あの白わんこはニッパーくんというのだとか。へえ、あのわんこには名前があったのね。ニッパーくん(フォックス・テリア犬)がビクターのマークになったいきさつには、ちょっとしたいい話がありますが、それを知りたいかたは『さいえんす?』を読んでみてください。「四十二年前の記憶」のなかに著者の幼少期の記憶とからめて書いてあります。ついでに、いや、ぜひにエッセイ集最後の一編「本は誰が作っているのか」も読んでくださいな。


ベランダの外を見つめる凛。体が長くなってきたよね。
IMG_0015_1_1

|

« 油断大敵 | Main | 犬の本:『オアシス』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27759/8833838

Listed below are links to weblogs that reference 必殺技:小首かしげ:

« 油断大敵 | Main | 犬の本:『オアシス』 »