« January 2006 | Main | March 2006 »

2006.02.26

犬の本:『オアシス』

オアシス
オアシス
posted with 簡単リンクくん at 2006. 2.26
竹内 真著
ソニー・マガジンズ (2006.2)
通常24時間以内に発送します。








 昨年11月に凛を飼いはじめるずっと前から、犬関連の本を集めるのがわたしの趣味のひとつでした。せっかくいろいろ集めたので、このブログで少しずつ紹介していこうと思います。

 まずは昨日読んだばかりの『オアシス』(竹内真著)から。

 ぼくが生まれた日、ばあちゃんは公園で子犬を拾った。子犬はまだ目もあいておらず、ベンチの下で体を震わせながらミーミー鳴いていた。
 ばあちゃんはしだいに鳴き声が弱くなっていく子犬を抱きあげて自宅に帰るが、あいにく家には誰もいなく、しっかりと施錠してあった。
 ばあちゃんは途方にくれたが、一刻も早くこの子に温かいミルクを飲ませたいと思い、窓ガラスをスコップでぶち破って家に入る。ところが、たまたま近所をパトロール中だった警官がその音を聞いて署に応援要請をしたせいで、三台ものパトカーがサイレンを鳴らしてやってきた。
 その騒動のさなか、直前に嫁が急に産気づいて救急車で運ばれたことを知ったばあちゃんはパトカーに乗りこむ。そして自分を空き巣と間違えた早とちりの警官に子犬のミルクが入った行平鍋を持たせて、まもなくぼくが生まれる病院へとばしてもらう――

 この小説はそんなほのぼのとしたドタバタ劇ではじまります。〈オアシス〉と名づけられた子犬はどうやらボーダーコリーの雑種らしく、耳や背中が黒く、鼻先や腹が白。とってもお茶目な犬で、とぼけた顔で「ぼく」一家に笑いとさまざまな騒動をもたらし、「ぼく」とともに成長していきます。

 笑いあり、涙あり、冒険あり。オアシスの奇癖と、善意にあふれる周囲の人々の優しさが、大事件ものどかなエピソードに仕立てます。オアシスの飼い主は最初から最後までばあちゃんでした。ばあちゃんの一大事には必ずそばにいるんです。この忠誠心が犬好き読者のココロをくすぐりそう。なんでも拾ってくる癖はどうにかしてほしいけれど、オアシスみたいにおもしろい犬なら飼ってみたいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.25

必殺技:小首かしげ

 生後2か月で凛をブリーダーさんから譲ってもらったときはむくむくしていて、まん丸の黒い毛糸玉のようだったのに、近ごろ体型が大人っぽくなってきました。あいかわらずおてんばですが、5か月を過ぎたいまはずいぶん聞きわけもよくなりました。わたしが何か話しかけると、小首をかしげながら懸命に聞きとろう、理解しようとしているみたい。そのときの顔がむちゃくちゃかわいい。小首かしげは凛の必殺技です。(さいきん親ば×ぶりを披露するのが恥ずかしくなくなってきたのよ、ふふん。)

 三頭身のずんぐりむっくり体型がすらりとスレンダーになるにつれて、小首をかしげた凛はある犬に似てきました。昔、実家にあったレコードプレーヤーのマークの犬。そう、ビクターのトレードマークのあの白いわんこです。ときどき凛を「ビクターちゃん」と呼ぶくらい、小首をかしげて物音に耳を傾けるようすがそっくりなんです。(親ば×の飼い主は、このポーズは凛の最高にかわいいしぐさのひとつだと思っているのよ、うふ。)

 昨日読んだエッセイ集『さいえんす?』(東野圭吾著/角川文庫)によると、あの白わんこはニッパーくんというのだとか。へえ、あのわんこには名前があったのね。ニッパーくん(フォックス・テリア犬)がビクターのマークになったいきさつには、ちょっとしたいい話がありますが、それを知りたいかたは『さいえんす?』を読んでみてください。「四十二年前の記憶」のなかに著者の幼少期の記憶とからめて書いてあります。ついでに、いや、ぜひにエッセイ集最後の一編「本は誰が作っているのか」も読んでくださいな。


ベランダの外を見つめる凛。体が長くなってきたよね。
IMG_0015_1_1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.24

油断大敵

 今日は午後から雨の予報だったので、大急ぎで午前中の仕事を片付け、早めに凛の散歩に出かけることにしました。

「ほーらほらほら、お散歩だよ~。いつもよりうーんと早い時間にお散歩だよ~。楽しいねぇ」

 そんなふうに話しかけながら散歩の準備をはじめると、凛のテンションは最高潮に達します。フリースを着こみ、お散歩グッズの確認をしているわたしと、まだドアが閉まっている玄関のあいだをぴょんぴょん跳びはねながら行き来して、いてもたってもいられないようす。
 わたしはというと、お散歩でそんなに喜んでくれるのが嬉しくて、ちょっとばかり寝不足でも、ちょっとばかり面倒でも、つい「お散歩行こうか?」と口にしてしまいます。そして前言撤回のできない状況に自分を追いこみ、どっこいしょとつぶやきながらも、ホントのところはけっこう楽しんでいるのです。

 さて、珍しく午前中に散歩に出かけた今日、玄関を出てドアに鍵をかけ、さあ行こうというとき、凛がなにやらもぐもぐ口を動かしているのに気づきました。玄関を出る前には何も食べていなかったので、おかしい、おかしい。

「凛ちゃん、何食べてるの? 見せてごらん!」

 凛の口をこじあけると、な、なんとミニ・チューリップの球根がぽろりと出てきました。昨日、植えこんで玄関前にプランターを置いたばかりなのに。わたしが凛に背を向け、ドアに鍵をかけていたほんのわずかなあいだに、まだふんわりとやわらかい腐葉土にマズルをつっこみ、獲物をすばやく掘りだしたというわけです。その早業。まさに油断大敵です。球根は少し出ていた青い芽がとれてしまい、軽く押しつぶした一片のニンニクのように変形していました。

「凛ちゃん、これはだめ! だめなの!」

と、球根を食べてはいけないことを教えましたが、わかってもらえたかなぁ。凛は野菜好きなので「ニンジンの切れ端はいいくせに、なんでこれはだめなの?」と思っているかも。うう、チューリップさん、だいじょうぶかしら。

《青天使?》
凛は甲斐犬のなかでも真っ黒に近い〈黒虎〉という毛色ですが、後脚のあたりはトレードマークの虎模様がくっきり。

IMG_0019_1_1

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.02.22

かくれんぼ

 うちの凛はまだ5か月の子犬だから、夢中になるとまったく飼い主のほうを見てくれなくなることがあります。名前を呼ぼうが、リードを引っぱろうが、最後の手段でおやつをちらつかせようが無反応。ひたすら興味がわいたもの(=ターゲット)を狙っています。

 今日もわたしが出かける直前、ケージのなかに入れようと思って声をかけました。ところが家の前を通った何かに気をとられているらしく、ベランダのレースのカーテンの向こう側にもぐりこみ、一心に外を見つめています。名前を呼んでもふりむきもしない。「おやつ食べる?」も効き目なし。

 こういうときの最終手段は「かくれんぼ」です。凛の姿が見えないふりをして、かがんであちこち覗きながら、「凛ちゃんいないな~、どこに行ったかな~? 凛ちゃーん、凛ちゃーん」と、ちょっと大きめの声で探します。

 すると「え? ここにいるよ」という顔で(ホントです)カーテンの向こうから出てきて、こちらに2、3歩近寄ってきます。
 それでも凛に半分背を向けながら「凛ちゃん、いないなぁ」としつこく探していると、わたしのお尻を鼻でつつきます。
 さらにしつこく「おかしいなぁ、凛ちゃんはどこに行ったかなぁ?」とダイニングテーブルの下を覗いたり、クッションをめくったりしていると、今度は「ほらほら、ここにいるよ!」という顔で(だから、ホントにそんな表情なんですってば)、わたしの目の前にやってきます。
 そこで「ああ~、いたいた! 凛ちゃん、ここにいたのかぁ~」とオーバーに安心してみせると、凛はしっぽをぶるんぶるん振って喜びます。そして、むぎゅうっと抱きしめられて、さんざん撫でられたあとは、なぜかおとなしくケージに入ります。なぜ? よくわからん思考回路だわ。

 と、こうして毎日犬を相手に遊んでいるのでした。今日は何時間も留守番をさせたので、帰宅したときは「凛ちゃん、ずーっとずーっと待ってた! ぷんぷん!」とゴキゲンナナメでした。
 でも、そのあとすぐに散歩に連れていったら、玄関を出たとたん「楽しい、楽しい、お散歩楽しい!」モードに転換。その単純な思考回路がかわゆくてたまらんのでございます。


日向ぼっこ中に声をかけたときの写真。
「なぁ~に~?」

IMG_0018_1_1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.21

ここほれ、わんわん

 モップと浄水器カートリッジの交換に来たダスキンのおばちゃんが、凛が庭に掘削中の穴を見て言いました。「たいへんねぇ~」

 はい、たいへんです。毎日掘っています。庭が狭いからいいようなものの、広かったら工作活動の範囲はさらに広がります。座業のわたしが毎日スコップを握っています。掘られては埋め、掘られては埋め。掘られないよう作戦を考えているところです。でも、掘りたい欲求を抑圧するのもどうかと思い、なんとか最小限のスペースを残してあげようかと思案中です。つる薔薇の鉢も凛の破壊活動の餌食になりました。これ以上の被害を避けるため、薔薇さんたちは一部避難しています。

 5か月が過ぎ、体重は12kgになりました。重い。もうケージの天井を開けて上から出し入れするなんて無謀なマネはできません。はっきりいって腰にきます。ただいま歯の生えかわり進行中。頭ではわかっていても、血がついたおもちゃが転がっているとドキリとします。

IMG_0005_1_1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.20

気分転換

 今朝、原稿を一本メールで送り、とりあえず一息。確定申告の準備や年賀状の住所更新、本の整理などなど、あいかわらず雑多な仕事や片付けも山盛りですが、今日だけは逃避しよう。明日からまた頑張る……はずです。たぶん。きっと。おそらく。

 デジカメの使いかたをちょっとだけ覚えたら、写真を撮るのが楽しくなってきました。いい気分転換です。
 今日、凛はペリエの味を覚えました。日ごろからやたらと空き瓶の飲み口をなめるので、ガスが抜けてしまったペリエをためしに与えてみたのです。気に入ったらしく、前脚で水皿を抱えて、ものすごい勢いで飲みました。ガスは抜けていても、浄水器で濾過しただけの水道水よりおいしいのかしら? おまけに、飲んだあと満足そうにゲップをしました。ぷぷぷ。毎日、何かしら笑わせてくれます。(注:写真と本文は関係ありません)

IMG_0008_1_1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.19

別荘

 もうちょっと暖かくなってきたら、凛を連れて温泉地のペット可のコテージに泊まろう。そう思って、主人がいないあいだ客室でおとなしく留守番できるよう、テント式の簡易犬小屋を買ってみました。庭遊びから帰ってきた凛は、とつぜん居間に現れたモノリスにぎょっ。

まずはお気に入りの熊さんを置いて客引き。
IMG_0022_1_1

コワイので体半分だけ入ってみる。くんくん。
IMG_0023_1_1

そうしたら閉じこめられちゃった。

IMG_0024_1_1

ああ、ひっくり返ったよう……

IMG_0025_1_1

なんか、さっきと風景が違う……

IMG_0026_1_1

 もっと怯えて、得意のおもらしをするかと思ったけれど、意外に平気でした。お泊まりする日までときどき出して慣れさせよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.17

散歩

 寒いし、昨日の雨でぬかるんでいるしで、凛のお散歩はショート・ヴァージョンですませました。いつもの公園を軽~く2周。あちこちにおいをかいだり、出会ったわんこに挨拶したりで、30分くらいかかったかな。

 家のなかに入れてほしくて、ベランダの前で待っている凛。画面手前(玄関前)にわたしがいるので、「そこで待っていても、誰もあけてくれないよ~」。その驚愕の真実をわかっていないらしい。右手奥は凛が掘った「落とし穴」です。こんな穴を毎日2、3個こしらえて、ときどき自分で掘った穴に落ちています。(おばかだな~)
IMG_0003_1_1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.13

やっと

 デジカメ画像をパソコンにとりこむ方法を学習しました。ろーてく者のわたしでも簡単、簡単。なのにデジカメを買ってから2か月以上放っておいたのは、たんにわたしがズボラだったからです。

 凛は今日もボーダーコリーのアイリーンちゃんと飼い主の双子ちゃんにたっぷり遊んでもらいました。さいきん、すっかり好かれてしまったトイ・プードルのアロハくんも一緒に、1時間近く公園で過ごしました。おかげで遊び疲れたのか、ただいまぐーすか寝ています。

 庭で日向ぼっこ中の凛。かわいいでしょ(またまた親ば×)。
IMG_0002_1_1_1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.12

おさんぽ

 凛を散歩に連れだすようになって1カ月とちょっと。最近「お散歩」という言葉に敏感に反応するようになりました。そのあとリードを見せたら、もう大興奮。リードを首輪につなげたとたん、持ち手の輪の部分をくわえて(そこを持つのはわたしだよ、凛ちゃん)玄関まで行き、早く行こうとせがみます。毎日たっぷり庭で遊んでいるのに、お散歩はやっぱり嬉しいのね。

 よく行く近所の公園で、遊び友だちもできました。ボーダーコリーのアイリーンちゃんとコーギーのロッキーくん。凛は2匹に会うと、それはもう嬉しそうにしっぽを振ります。いまのところ3匹は体格や体力が同じくらいで、ちょうどいい遊び相手みたい。
 アイリーンちゃんの飼い主は双子の小学生MちゃんとEちゃん。この双子ちゃんがむちゃくちゃかわいがってくれるので、凛はふたりが大好き! ロッキーくんもいつも小学生の女の子が散歩に連れてきます。というわけで、わたしにも小学生の女の子の友だちが3人もできました。

 昨日の夜、小腹がすいてテーブルでチーズを食べていたら、視線を感じました。え~、チーズ欲しいの? むむむ、その目で見つめられると、ついあげたくなっちゃうんだなあ……20060211

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »