« 通常業務開始しています | Main | おさんぽ »

2006.01.18

さよなら、クロ

 この映画、ずっと気になっていました。劇場公開当時、拙訳書の担当だった編集者の某さんが「泣けます! いいですよ」と勧めてくれた作品で、松本のある高校に住みついた野良犬クロをめぐる実話です。

 いい話だったわぁ。結末はタイトルから想像がつくので悲しい映画かと思いきや、さにあらず。(悲しいことは悲しいのだけれど)
 妻夫木クンってば初々しい!
 ……はおいといて。クロを中心に据えた青春物語ですわね、これ。じんわりと心にしみるエンディングでした。
 高校時代の仮装行列の思い出とか、クロの子犬時代のシルエットがわが家の凛にそっくりなこととか、個人的にうるっとくる場面もありました。

 エンディングが近づくにつれ、なんだか急に凛を抱きしめたくなり、サークルのなかで眠っているのを無理やり起こしてぎゅっ。なんとはた迷惑な飼い主ですこと。
 こういうとき、映画なら飼い犬が主人の涙をぺろっと可愛らしくひとなめするのでしょうけれど、うちの凛はわたしの顔といわず首といわず、なめまくりました。情緒のかけらもないやつです。ま、しょうがないか。まだ4カ月だもんね。
 で、夜中に飼い主に起こされたあと、ふたたび爆睡モードにはいり、こんな格好で眠っていました。Lynne2006

|

« 通常業務開始しています | Main | おさんぽ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27759/8220501

Listed below are links to weblogs that reference さよなら、クロ:

« 通常業務開始しています | Main | おさんぽ »