« 復旧しました | Main | 遅い夏休み »

2005.09.14

ニール・ケアリーの行く末

 ようやく読めました。何がって、7月刊行のドン・ウィンズロウのニール・ケアリー・シリーズ第4作『ウォータースライドをのぼれ』。第3作の翻訳が出たのが1999年だから、なんと6年ぶり。さすがに細かいところの記憶が怪しくなっていたので、第1作から再読しました。引越のどたばたをはさみ、ようやく念願の最新作を読めた次第です。

 今回は、おしどり夫婦で知られるTV司会者ジャックのレイプ疑惑が事件の発端。ジャックの敵に依頼された朋友会が、裁判でジャックを有罪にするため、被害者のポーリーのはすっぱな言葉遣いを矯正し、裁判でジャックの疑惑を証言するにふさわしい女性に仕立てるようニールに指令を出します。ニールは現代版《マイ・フェア・レディ》のヒギンズ教授といったところ。

 さてさて久々の登場ではありますが、ニール・ケアリー健在です。ちょっとシニカルなへらず口も、グレアムとの疑似父子関係も、朋友会にこき使われているところも。
 ポーリーはニールや協力者にしっかり「教育」されますが、事件のかげに大きな組織が見え隠れし、またしてもニールは苦戦。いつになったらニールは英文学に没頭し、愛する人との穏やかな生活を手に入れられるのでしょう。後日談的なストーリーの第5作でニール・シリーズは終了とのことで、なんともさびしいかぎりです。最終作でニールはどうなっているのでしょう?

ニール・ケアリー・シリーズ
第1作 『ストリート・キッズ』
第2作 『仏陀の鏡への道』
第3作 『高く孤独な道を行け』
第4作 『ウォータースライドをのぼれ』
第5作 "While Drowning in the Desert"

|

« 復旧しました | Main | 遅い夏休み »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27759/5942113

Listed below are links to weblogs that reference ニール・ケアリーの行く末:

« 復旧しました | Main | 遅い夏休み »