« 肉体労働の日 | Main | 8月12日 »

2005.08.03

家移り

 一部のみなさまにお知らせしていますが、カタヤマは先月末、4年ぶりに関東に戻ってきました。

 新居を決めたあと、いままで住んでいた家を引き払うまで時間がなかったため、はじめて引越業者のらくらくパックを利用しました。わが家は本が多く、引越のたびに梱包したダンボールを積みあげるのに苦労していましたから、業者任せの荷造りはかなり楽……のはずでしたが、けっこうたいへんでした。

 とにかく詰めてくれるものの、絶版本も高価な本も無造作にダンボールへ入れられます。さすがにわれものは大切に扱ってくれますが。通帳やらパスポートやら一般的な貴重品は、梱包作業前にあらかじめ抜いておいたけれど、本まで気がまわりませんでした。新居で開梱してみたら、表紙がやぶれたもの、本棚の同じ段の本とは違う箱に入れられてしまい、いまだ行方不明のものが続々……(泣)。

 業者の梱包作業中、自分も梱包をしながら、家電話子機と携帯電話の二刀流で、現住所と新住所のライフラインなど諸手続き、前泊ホテルへの連絡、実家への連絡……と、手と口をいっぺんに動かしていました。翌日の荷出しは楽かと思えば、とんでもない。次から次へとさまざまな用事でわが家を訪ねてくる各種業者と電話に対応しながら、引越業者にもありとあらゆる指示を要求される混乱状態で、2日間でほんとうに疲れました。

 おまけにダンボールの内容物の表示がとてもアバウト(書斎の本、台所まわり、など)なので、どこに何が入っているやら、さっぱりわかりません。ダンボールの山から包丁を探し出したのが転居して6日目(それまでナイフで食材を切っていました)。家電話子機の充電器は9日目の今も見つかっていません(いつになったら子機を充電できるのかしらん)。

 結論。らくらくパックは梱包はいくらか楽ですが、開梱は3倍は疲労。次回も利用するかどうかは疑問です。

 それにしてもお茶碗がひとつ割れるよりも、絶版の資料が一冊破れてしまうほうが悲しい気持ちなんて、引越業者さんにはわからないだろうなぁ。

|

« 肉体労働の日 | Main | 8月12日 »

Comments

杉本詠美さん

事前にご連絡もせず、失礼しました。
引っ越してすぐにオーダーしたカーテンが昨日届き、ようやく新居の実感がわいてきました。
すっかり片づくにはもうちょっとかかりそうですが、ぼちぼち仕事を再開し、あちこちのオフ会にも顔を出す予定です。
実をいうと、片付けにうんざりして逃避モードに入り、今週は友人とランチを食べにいきます。えへへ。
杉本さんにもお目にかかる機会があると思いますが、今後ともよろしくお願いいたします。

Posted by: 片山 | 2005.08.03 at 21:48

王仁庵さん

ほんとうに作業員のマメさや要領によって、その後の手間にずいぶん差がでそうですね>らくらくパック
今回の引越は、らくらくパックを上手に利用する余裕すらないスケジュールだったというのも敗因(?)かもしれません。
腰も肩も……すでにマズイです。先週、美容院に行ったとき、つい上半身マッサージ付きのメニューを頼んでしまいました。

Posted by: 片山 | 2005.08.03 at 21:39

 お引越しなさったんですね。お疲れさまです。わたしもらくらくパックにはひどい目にあいました。

 さわやかな北海道からでは、この暑さはひとしおに感じられるんじゃないかと思いますが、どうぞお身体にはお気をつけて。

Posted by: 杉本詠美 | 2005.08.03 at 19:43

 あー、それはたいへんでしたね。楽々パック、僕の場合、永福町からのときは、すごくきちんと梱包され、本棚の順番どおりでした。あれはやるひとによるのでしょうね。それに、近いから、すぐ使うものは自分の車で運べましたしね。ともあれ、腰を痛めないようにご用心。

Posted by: 王仁庵 | 2005.08.03 at 15:33

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27759/5292670

Listed below are links to weblogs that reference 家移り:

« 肉体労働の日 | Main | 8月12日 »