« April 2005 | Main | June 2005 »

2005.05.19

恩師のメール

 昨日、久しぶりに大学時代の恩師でアメリカ人のS先生からメールをいただきました。英文学の授業はもちろん、卒論指導、当時わたしが所属していたESSの英語指導(顧問でもないのに!)など、大学のどの先生よりもたっぷりとお世話になった方です。休み時間に研究室を訪ねると、よくトワイニングのオレンジペコ・ティーやサンキストのキャンディをいただきました。わたしが大学を卒業してから10数年。映画《目撃者》のチラシはまだ研究室の壁に貼ってあるでしょうか。

 先生や奥様の近況、わたしの訳書の原作を読んでくださったこと、大学の教授陣にわたしが翻訳をしていると知らせてくださったこと――あいかわらずユーモアたっぷりのメールを読んでいるうちに、当時過ごした濃密な、かけがえのない時間が蘇ってきました。サークルやコンパ、バイト、友だちづきあいだけで終わってしまいがちな学生生活ですが(じっさいわたしもたくさん遊びましたが)、わたしが英文学への興味を保っていられたのはS先生のおかげでもあります。先生はさりげなく学生の好奇心を刺激する名人でした。

 大学3年生になりたてのころ、わたしはESS活動の多忙などで短期間に何キロも体重が減ったことがありました。その直後、自由なテーマで英文エッセイを書く宿題が出たとき、ほかに書くことがないので忙しかった1か月の副産物(体重減)について書きました。

 すると、英作文の担当教官だったS先生はほんとうに心配してくださいました。わたしが提出した拙いエッセイの末尾には、先生からの長い長いコメントが。ESSで忙しそうなのは知っていたが、それほどとは思わなかった、体に気をつけてください……云々。そんなふうに書いてくださったことを先生は覚えていらっしゃらないでしょうけれど。そういえば、あのときエッセイの出来はコメントしてくださらなかったですね、S先生。評価するのを忘れるほど心配してくださったのかな、と思っています。

 S先生、あのころ、学生の前ではちっとも日本語をしゃべらないのに、学生たちのおばかな話にくっくっと忍び笑いをしていらっしゃいましたよね。先生はぜったいに日本語を理解している、先生の前ではめったなことはいえないと、わたしたちはよく話していたものです。今もあのころと同じように学生たちのとんちんかんな会話に笑いをこらえていらっしゃいますか。

 S先生からのメールを読みながら、大学時代に出会った人々のお顔が次々と浮かんできました。めったにお会いできなくても、こうしてどこかでつながっている関係、共有する記憶がある関係ってすてき。卒業後10数年もたった今になって、自分はすばらしい4年間を過ごしたのだとしみじみと思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.17

お休み

 某社の翻訳作業を終えて仕事に一区切りついたので、昨日はまるまる1日お休みデーにしました。ああ、この解放感。すべての仕事が手を離れている状態なんて5年ぶりくらい? 旅行その他で無理やり休みをとることはありますが、有給休暇のないフリーの翻訳者が休むには、1日分の作業の“借り”を数日かけて分割ローンよろしく少しずつ“返済”していくしかありません。月曜日にまったく仕事をしなければ、火曜日に終わらせればいいという話にはならないのです。火曜日には火曜日に予定していた仕事があるのですから。

 ともかく午後から外出。大丸で開催中の《グランマ・モーゼス展》を観てきました。以前、(たしか)東郷青児美術館で観て以来、久しぶりのグランマ・モーゼスは、温かくて、生き生きとしていて、どこか懐かしさを感じさせる絵でした。

 デパートと書店と銀行と……と歩きまわっていたら、万歩計の数字が1万を超えていました。帰宅後、夕食をつくって食べたらバタンキュー。1万歩でダウンとは情けない。日ごろの運動不足を痛感したお休みでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.11

GWが終わって

……早3日。せっせせっせと働いています。昨日の午後はえらく忙しく、昼食をとる暇もありませんでした。おせんべいをかじりながらキーボードを叩いていたもん。えらいな、わたしって。とひとりごとを言いながら。

 連休中は1泊だけミニ旅行。自宅から車で1時間ほどのところにあるコテージタイプのホテルに泊まってきました。文庫本を数冊持ち込み、チェックインからチェックアウトまで、本館に食事にいくとき以外はひたすら読書と昼寝。そしてテラスから木々を眺め、水辺を散策しただけ。GW料金の宿泊料でちょっとお財布が軽くなったけれど、思う存分のんびり過ごせて大満足の1泊2日でした。

◎連休中に読了した本
『バッテリー』 あさのあつこ著
『バッテリー Ⅱ』
『バッテリー Ⅲ』
 自分の才能を信じて疑わない天才ピッチャーの少年が主人公。たまに見せる少年らしい弱さにほっとするものの、中学生でこんなに冷徹な目をしているんですかと尋ねたくなるほど大人びている。バッテリーを組んでいる同級生の優しさ、少年に憧れている体の弱い弟の人なつっこさが対照的。

『ゆっくりさよならをとなえる』 川上弘美著
 川上弘美のエッセイは、人をするするとひきつける魔法を持っている。ぐいぐい、ではない。するする、なのだ。本のこと、食べもののこと、友人のこと――ひとつひとつはどうってことのない日常のワンシーンなのに、どこか奇妙でつい引きこまれる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »