« カルガモ | Main | おいしゅうございました »

2004.07.28

チルドレン

 伊坂幸太郎著『チルドレン』読了。直木賞は逃しちゃったけど、受賞なんてどうでもいいです。とにかく、おもしろい。体裁は短編集ですが、ひとつの長編小説として読めます。読了後、ますますそう感じさせられる不思議な作品。

 各短編にそれぞれの主人公が登場し、全体を通して登場人物たちがどこかでつながっています。とてもちゃらんぽらんでもあり、意外にものごとの真髄を見通しているともいえるある人物が、彼らをつなぐ要でもあり、影の主役でもある。エンディングはなんとなく想像できたけれど、それでも充分に楽しめました。

 次作『グラスホッパー』もまもなく出ます。ええ、読みますとも、必ず。

|

« カルガモ | Main | おいしゅうございました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27759/1072555

Listed below are links to weblogs that reference チルドレン:

» 「チルドレン」伊坂幸太郎 [AOCHAN-Blog]
タイトル:チルドレン 著者  :伊坂幸太郎 出版社 :講談社文庫 読書期間:2004/10/20 - 2004/10/21 お勧め度:★★★★ [... [Read More]

Tracked on 2004.10.25 at 00:14

» 「チルドレン」伊坂幸太郎 [AOCHAN-Blog]
タイトル:チルドレン 著者  :伊坂幸太郎 出版社 :講談社文庫 読書期間:2004/10/20 - 2004/10/21 お勧め度:★★★★ [... [Read More]

Tracked on 2004.10.25 at 00:18

« カルガモ | Main | おいしゅうございました »